他人に期待しなくなると互いにストレスが溜らなくなる

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は他人に期待しなくなると互いにストレスが溜らなくなるテーマでお話しします。

スポンサーリンク

他人に期待しない

他人に対して自分の期待通りになって欲しいと思うことはありますか?

他人に期待すればするほど他人から嫌われていきます。

他人がどう行動していくのかをこちらでは決めることはできません。

なぜなら、他人の行動はこちらではなく他人が決めることだからです。

しかも、他人に期待すればするほど期待に応えられなかった他人に対して嫌悪感を抱きます。

他人が期待に応えてくれないと無駄なストレスを抱えてしまいます。

ですので、他人に期待するのをやめましょう。

激しい怒りを感じる

なぜなら、他人に期待すればするほど期待を裏切られたときに激しい怒りを感じるからです。

他人に期待をするということは他人をコントロールしたいという証拠です。

もし他人がこちらの期待に応えてくれないと激しく非難します。

もちろん、他人をコントロールしようとすればするほど反発されてしまいます。

そして、他人から嫌われていき、自己嫌悪を抱くだけという負の流れが待っているだけです。

他人への期待をやめるには他人に期待を持たないことです。

具体的には他人とこちらは別の人間であるため、他人と自分を区別するということです。

他人と自分は別であると認めると他人を意識しなくなります。

ですので、他人と自分を区別しましょう。

自分のことだけに集中

私は新入社員だった頃期待の新人と呼ばれていました。

しかし、期待に応えようと頑張れば頑張るほど結果を出せませんでした。

そして、解雇されるという流れを3回も繰り返してきたのです。

ふと、なぜ私に身勝手な期待をするのか考えてみました。

それは、私の性格や能力を考慮せず、勝手な願望を持っているのではないかと思うようになりました。

以来、私は他人には何も期待しなくなり、自分のことだけに集中するようにしました。

自分のことだけに集中することで余計なストレスがなくなったのです。

他人に期待すると他人にプレッシャーをかけるだけでなく、余計なストレスを抱えてしまいます。

ですので、他人に期待せず、自分のことだけに集中しましょう。

まとめ

他人に期待することは、期待に応えられない場合に不必要なストレスを生み、他人から嫌われてしまいます。

なぜなら、他人の行動は他人が決めのであって、こちらの期待を勝手に押し付けると悪影響をもたらすからです。

ですので、他人にこうなって欲しいと期待するのをやめて自分のことだけに集中しましょう。

他人に期待しなくなることで、お互いにストレスが溜らなくなります。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました