外交な人に負けない人見知りが持っている3つの強み


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は外交な人に負けない
人見知りが持っている3つの強み
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

人見知りは仲間を大事にする


人見知りという言葉はほとんどが
悪い意味で使われることが多い言葉です。


人見知りだから直さなくては
生きてはいけないというような雰囲気を
味わったことをある方もいるでしょう。


人見知りだと他人に打ち明けるだけで
変な目で見られた経験をした方も少なくないでしょう。


ですので、自分が人見知りであることを
後ろめたく思っている方も少なくありません。


しかし、人見知りの方は仲間を
大事にする傾向があります。


確かに人見知りの方は大勢の方々と
一緒にいるのは苦痛ですが、
少人数で気の許せる仲間であれば苦痛ではないのです。


しかし、1人1人に対して気を許して
本音を出していきたいため
少人数での付き合いを大事にしていきます。


人見知りの方は大人数の方との付き合いでは
淡泊な付き合いになるのを嫌がる傾向があります。


淡泊な付き合い、具体的にはSNS上だけの
繋がりになって実際には会うことがない付き合いは
嫌がる傾向にあります。


もちろん、最近のテレワークのように画面で
相手の方の顔を見ながら話をするのは
嫌いではありません。


ただ、SNSでの文章だけのやり取りが苦手なのです。
文章だけでは背景が分からず、


文字だけでしか判断できないため
誤解されやすい傾向にあります。


実際に会って話してみたら思っていたよりも
違うことがあるということも少なくありません。

スポンサーリンク

人見知りは危ない橋を渡らない


人見知りの方はいきなり大きなリスクを
取るような危ない橋を渡ろうとはしません。


なぜなら、人見知りの方は何も考えずに
大きなリスクを取ることを嫌うからです。


大きなリスクを取らなくては
いけない場面になったとしても、


リスクを少なくするにはどうすれば
いいのか情報を集めて対策を考えます。


人見知りの方は事前準備を好むのは
自分にかかるリスクを減らして、
乗り越えていきたいと考えているからです。


例えば、人見知りの方は大勢の方々の前で
話すのは苦手な傾向にあるため、
事前に何を話すのかを考えておきます。


話したいことを決めて紙に書いて、
書いたもの読んで大勢の方々の前で
話す当日に備えます。


このようにして人見知りの方は苦手なことに対しては
事前準備をしっかりとするのです。


事前準備をしっかりとしたという前提があって
当日は何とかなるだろうと口にするのです。


当日起こることは誰にもコントロールできないので
何とかなると思うしかありません。


また、どんなに注意を払っても
想定外の出来事が起こることは
仕方が無いと思って本番に臨みます。


自分ではコントロールできないことに
意識を向けてもどうにもなりませんので


自分がコントロールできることにだけ
意識を向けるようにします。


自分がコントロールできることにだけ
対応していくことで
自己肯定感を出せるようにしています。


外交的な方とは異なり、
人見知りの方は事前準備をすることで
リスクを減らしていこうとします。


外交的な方は事前準備を好まない方が多く、
当日に失敗するリスクが多いのです。

スポンサーリンク

人見知りは自分と向き合う時間を作れる


人見知りの方は普段から大勢の方々と
一緒にいることを好まないため
自分と向き合う時間を作るようにしています。


自分と向き合う時間を作ることによって
自分が今何を考えているのか、
何がしたいのかという本音を探していきます。


自分と向き合う時間は普段から
大勢の方々と一緒にいては


そのような時間を確保するのが困難であり、
大勢の方々に気を使ってしまって疲れてしまいます。


外交的な方は人に気を使っても苦ではなく、
わざわざ1人になる時間を確保しなくても
自分の気持ちを理解できてしまいます。


普段から大勢の方々と一緒に
何かをやることに多くの時間を費やしてしまい、


いざ1人になったときは疲れ果てて
寝てしまう方も少なくありません。


そんな方にはカフェに行くなどして
1人になれる時間を持つことをおすすめします。


あまりにも騒がしいカフェはおすすめしませんが、
そこそこ全体的に高いメニューが多いカフェでしたら


騒がしくもないため1人になれる時間を
確保することができます。


自分と向き合う時間は周囲の音や話し声に
気を取られてしまっては自分が感じていることに
気づきにくくなってしまいます。


ですので、おしゃべり好きな学生が多い
全体的に安いメニューばかりのカフェや


おしゃべり好きの主婦層が多い時間帯を
避けておいた方がいいでしょう。


他の方々の話し声はどうしても
気になってしまうため集中出来ません。


自分と向き合う時間を確保できるようになっていけば
自分は本当は何がしたいのかがわかってきます。


自分のやりたいことが分かれば
あとは情報を集めて行動していくだけです。


そして、行動から得た結果に対して
きちんと向き合っていき、


よかった部分も悪かった部分も
なぜこうなったのかをきちんと把握することです。


よかった部分も悪かった部分もどちらも原因があります。
悪かった部分にだけ意識がいきがちですが、


よかった部分もなぜそうなったのかがわかれば
マグレではなくまた同じよかった部分が
出てきやすくなります。


自分と向き合う時間を確保して原因と
結果を把握してきちんと受け入れていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ


私自身も人見知りであるため、
町中で知り合いに出くわしても
自分から挨拶することはありません。


また、大人数の方との付き合いも苦手であり、
人混みが多い場所も苦手です。


人見知りであるため人見知りであることを
悪く言われることがよくありました。


人見知りではなく色々な人と話せる人が
苦痛でなくなるようにと言われていたため、


苦痛を感じることなく人前で話せるように
ならなくては思っていました。


しかし、そんな自分の意志に反するような
努力をしても長続きしませんでした。


人見知りである自分を否定しても
何のメリットもない事に気づきました。


ですので、今回は人見知りであることを後ろめたく
思わないように書いてみました。


人見知りは悪いことではありませんし、
むしろ外交的な方よりも場合によっては優位になります。


特に、深い信頼関係を築きやすいのは
人見知りの方の方です。


1人1人に対して誠意を持って
接することができるのは長所です。


他にも色々な長所を紹介してきましたが、
人見知りであることを悲観せず受け入れて
人見知りの長所を生かしていきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました