相手の方からいい回答を引き出すにはまず自分で1度やってみること


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は相手の方からいい回答を引き出すには
まず自分で1度やってみること
というテーマでお話しします。

1度実際にやってみないと回答の意味が分からない


いきなりわからない部分を聞いても
納得できる回答が得られるはずがありません。


なぜなら、相手の方もこんな内容の
回答でいいのかと思いながら
回答しているからです。


こちらがわからない部分を曖昧にしたまま
聞いても聞かれた方からすれば
何がわからないのか困ってしまいます。


聞けば何のことかわかるだろうと相手の方に
期待してもわかるはずがありません。


相手の方に期待しても仕方ありませんので
1度自分で実際にやってみることです。


実際にやってみることで、
どこまでが理解できていてどこまでが
理解できていないのかを明確にすることです。


1度実際にやってみると疑問点が
どこなのかが見えてくるので
どこがわからないのか質問しやすくなります。


疑問点を明確にした上で
質問すると質問された側も


どこがわからないのかが明確になるため、
回答しやすくなります。


回答しやすいということは
わかりやすい回答をもらえるので
疑問点が解消しやすくなります。


いきなり疑問点を相手の方に投げかけても
相手の方は困惑するだけですし、


何より質問した側もよくわかっていないため、
曖昧な回答が帰ってくるだけです。


まずは1度自分でやって見るなり、
調べてみるなりしてから
相手の方に質問することです。


まずはやってみろとか調べてみろと
言われるのは疑問点を明確に
させるためだからです。

自分の行動を振り返ってみる


いざやってみると最初に思ったよりも
手応えが違うように思えるときもあります。


いざやってみると思ったよりもうまくいことも
あればうまくいかないこともあります。


思ったよりもうまくいかなかったら
なぜうまくいかなかったのか
1度考えてみることです。


何も考えないまま質問しても納得できる
回答をもらえることはありません。


また、もらった回答を得て再度やってみても
うまくいかないこともあるため、


最初にうまくいかなかった原因を
自分で1度考えてみることです。


どんな行動をしたからうまくいかなかったのか
をキチンと説明することです。


どのような行動をしたかまで説明することで
自分の行動を振り返ることができます。


自分の行動を振り返るだけでも
気づくことはありますし、
より具体的な質問ができるようになります。


具体的な質問ができれば
質問された側も理解しやすくなるため


より納得できる具体的な回答を
得られることができます。


なかなか納得できる回答を
得られていないなと思いましたら


1度自分の行動を振り返ってみる
ことをおすすめします。


自分の行動を振り返ってみるだけでも
気づきがありますのでその気づきから


納得できるときもあれば
まだ納得できないときもあります。


まだ納得できなければ質問してみると、
振り返りができている状態であるため
納得できる回答を得られます。

分からない部分を具体的にすると情報収集能力も上がる


曖昧な状態にしていても
曖昧な回答しか得られず、


具体化できれば具体的な回答を
得られることができます。


疑問点を明確にできるようになれば
他人に質問する力が上がるだけでなく、
情報収集能力も向上していきます。


情報収集能力が向上していけば
自分で調べていく際にも自分が探している
情報に近い情報を得られるようになります。


情報収集しているだけでも
まだきちんとした理解ができていないため、
専門家に聞いてみる必要があります。


インターネットや書籍で書いてある
文章を読んだだけではきちんとした


理解ができていないため、
どうしても聞いてみなければ
いけなくなります。


もし、インターネットや書籍に
書いてある文章を読んだだけで


理解できてしまうのであれば
それほど悩むことはないでしょう。


しかし、インターネットや書籍に
書いてある文章だけでは筆者が書いてある
文章の背景を理解することができません。


もしかすると、筆者がわざわざそんな
に丁寧に書かなくてもわかるだろうと
思って省略しているときもあれば、


きちんと筆者が理解できていない
などの背景があります。


ですので、文章だけで理解することは
難しいのでどうしても聞いてみる
必要性が出てきます。


自分から情報収集できるようになると
主体性も上がってくるため、
より深い内容の質問ができるようになります。


質問力を上げるにはただ疑問点が
出てきたから聞くだけのスタンスでは


質問力上がらないので自分から
行動できる主体性が重要になってきます。


受け身の姿勢をやめて自分から
情報収集をしてその上で質問できる


ようになるとより納得できる回答を
得られるようになります。

まとめ


疑問点が出た際に曖昧な状態で
相手の方に質問してもなかなか相手の方も
理解してもらえません。


こちらが勝手に相手の方が明確にしなくても
たくさん経験しているから


きっと分かるだろと思っても
相手の方にはどんな回答をしたらいいのか
困ってしまいます。


相手の方はあなたの頭の中を
読めるほどの能力を持っていないため


こちらがきちんと明確にできるように
しなければこちらも納得できる
回答をもらえません。


まず、疑問点が出た際には明確にするためにも
1度自分でやってみてどんな風に
やったのかを説明することです。


自分でやったことを相手の方に
説明することで相手の方は


どこまで理解できていて
どこから理解できていないのかがわかるため、
納得できる回答を得られやすくなります。


また、1度自分で調べてみた際に
調べたことのどの部分が分からないかも


明確にできればより質の
高い回答を得られます。


疑問点を明確にできるようになると
情報収集能力も向上していきます。


質問力を上げることで自分自身の
成長にもつながっていきます。


きちんと疑問点を明確にしてから
質問する習慣を身につけましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました