他人を見下す人は自己肯定感ではなく自己否定感が高い

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は他人を見下す人は決して自己肯定感ではなく自己否定感が高いというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

自己肯定感が高ければどんな現象も受け入れられる

自己肯定感に関するネットの記事から自己肯定感が高いと他人を見下すという記事を見つけました。

しかし、自己肯定感が高いと他人を見下すのは間違いです。

なぜなら、自己肯定感が高くなれば自分の長所や短所も受け入れられるようになるからです。

そして、相手の長所や短所も受け入れられるようになります。

他人を見下すという行為は他人が持つ短所を否定して自分が上に立ちたいという支配欲求から来ているものです。

自分が同じものを持っていたら否定したいという思いがあります。

他人を支配したいという欲求自体が自己肯定感が低い方がやることです。

本来、他人の行動は当事者以外にはコントロールできないのです。

にもかかわらず、他人を支配したがるのは他人が自分の思い通りに動いてくれないと自分のことを認められないからです。

他人が自分の思い通りに動かないことに腹を立ててしまうのは他人に対する劣等感から来ています。

劣等感による自分の欲求を満たせない恐怖心から他人をコントロールしたくなるのです。

つまり、他人を見下すという行為は自己肯定感が高いと生じてくる行為ではありません。

他人を見下すという行為は自己肯定感が低い時に生じてくる行為なのです。

一方、自己肯定感が高いと他人が自分の思い通りにならなくても気にすることはありません。

例えば、メールの返信が遅くても「早くメールしろ。」という催促はしません。

また、他人から断られても怒ることもしないのです。

つまり、他人が取る行動に一喜一憂することはありません。

なぜなら、他人と自分を別に分けて考えられるからです。

他人と自分を分けて考えられるため、他人が自分の思い通りに動いてくれなくても怒ることもないのです。

また、恋愛で交際がうまくいかなくても相手の方を責めることなく次の相手を探しに行くのです。

要するに自分がコントロールできない他人の行動をコントロールしようとしないのです。

優越感は自己否定感から出てくる

他人に対する優越感は実は自己肯定感からではありません。

自己否定感から優越感が出てくるのです。

優越感は自己肯定感から出てくると誤解している方もいます。

自己肯定感に対する誤解についても説明しています。

優越感は他人を見下す行為や支配欲求も自分の自信の無さから出てくるものです。

つまり、優越感は劣等感の裏返しなのです。

誰かに優越感を感じているということは別の誰かに対しては劣等感を感じているということです。

ここまで紹介してきた行為に共通する点は嫌いなものは拒否するという点です。

人は誰しも長所も短所も持っています。

長所だけを受け入れて短所を拒否してしまいますと自己不一致が起きてしまいます。

自己不一致が起こることによって誰かに対して優れていたい。

誰かに注目されたいからやりたくないことでも頑張ろうとしてしまいます。

自分の気持ちとは相反することを続けていけば「これは違う、こんなのはやりたくない。」と心のどこかで思ってしまいます。

しかも、結果としては長続きしません。

また、自己不一致が起こった状態で失敗をすると自己一致していることで失敗することよりも大きく精神的に傷ついてしまいます。

優越感など他人と比較していくこと自体無意味なことなのです。

本当に自己肯定感が高ければ他人と自分を分けることができます。

よって、他人と比較する必要性もないと思うようになるのです。

本当の意味で自己肯定感を高めていく

本当の意味で自己肯定感を高めていくには自分が今感じていることに善悪の区別をつけないことです。

なぜなら、何が善で何が悪かは自分の心次第で変わっていくからです。

例えば、雨が降って来たから洗濯物が干せないと思うのか。

あるいは雨が降って来たから家の片付けをしようと思うのかという雨に対する心の捉え方で雨への善悪が変わっていきます。

どんな出来事があっても良かった部分だけ受け入れる。

悪かった部分を見て見ぬふりをする姿勢では自己肯定感は上がることはありません。

なぜなら、悪かった部分から目をそらすことで悪かった部分が発生した原因を見つけようとしないからです。

原因を探らなければまた同じ悪かった部分が発生しても見て見ぬふりをしてまた同じことを繰り返していきます。

同じ失敗を繰り返していては自己肯定感は低くなっていきます。

逆に自己否定感が高まっていきます。

自己否定感が高まって自己肯定感が低くなるほど他人との比較を好むようになっていきます。

自分から勝手に優劣をつけることで、ある方を見下せても、別の方から見下されることになります。

自己肯定感が高い方は出来事をありのままに受け入れられることはありません。

良かった部分も悪かった部分もきちんと受け止めて悪かった部分を改善していけます。

本当に自己肯定感が高い方は誰かを見下すこともありません。

誰も見下さないため仲間も自然と増えていきます。

本当の意味で自己肯定感を高めていきましょう。

まとめ

自己肯定感を正しく理解していない方がブログでUPしているのを見つけたことが自己肯定感をテーマに選んだ理由です。

自己肯定感に対して誤解していると思って自己肯定感について書いてみました。

自己肯定感が高すぎると他人から嫌われるので自己肯定感を下げましょうというメッセージは間違いです。

自己肯定感の高さを調整するとはあり得ない話です。

むしろ自己肯定感は高ければ高いほどメリットが多いのです。

自己肯定感が高ければ未熟な方を許せるようになります。

同時に自分自身が未熟であることも許せるようになります。

決して誰かを馬鹿にしたり見下したりすることではありません。

自己肯定感の高さから他人を見下すというのは大きな誤解です。

他人を見下している時点で自己肯定感は高くありません。

高いのは自己否定感です。

自己肯定感から低いからこそ他人を見下して優越感に浸っているのです。

自己肯定感が高ければ見下すことも見下してくる方を相手にしません。

自己肯定感が高いと長所も短所も受け入れてありのままの自分を受け入れられます。

自己肯定感を上げ続けていきましょう。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました