ネガティブ要素を否定しない


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回はネガティブ要素を否定しない
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

ネガティブ要素の中に成功のヒントがある


何かうまくいかない時や悪い結果が出てしまった時、
ついつい「ああ、うまくいかなかった。」と思って


そのネガティブな要素を自ら否定して
蓋をしてしまいたくなる時があるでしょう。


しかし、ネガティブ要素を見ないようにしてしまっては
また同じ結果になってしまいます。


なぜなら、ネガティブ要素の中にうまくいく
要素が隠されているからです。


試合に負けた。
コンクールに入選できなかったなどの
ネガティブな結果が出てしまったら


結果だけを見てしまい、
うまくいった部分を見ないように
する方もいます。


うまくいった部分を見ないようにするのは
非常にもったいないことです。


なぜなら、少しでもうまくいった部分を見つけていって
次回でもうまくいくようにしていくことで
成功という結果を手にすることができるからです。


例えば、空手の試合には負けてしまったものの、
いつもよりも早い動きができたという部分が見つかれば


なぜいつもよりも早い動きができたのかを
分析していくことです。


どんな状況だったからいつもよりも
早い動きができたのかを振り返ってみることです。


足場が普段の練習場よりも動きやすかったのか、
もしかしたら、相手の反応が遅かったのか、


どんな理由であるにせよ
必ず早く動けた理由があります。


ほとんどの方は試合に負けたという結果しか見ないので
なかなか次にもうまくいった部分を
生かせずに終わってしまいます。


うまくいった部分が偶然で
片付けられてしまっては次にも生かせません。


次にも生かすためにも結果だけを見ないで
うまくいった部分を探してしっかりと
分析していきましょう。

スポンサーリンク

ネガティブ思考が出たら解決策を立てる


もし、何か不安なことを感じたらどうすれば
解決できるのかを考えてみましょう。


もし、寝坊して会社に遅刻しそうに
なったらどうしますか?


朝食を自宅で摂らない、弁当を作らないなどの作業を
やらないでそのまま出勤すると思います。


そして、出勤をする際に普段は
きちんと朝食を摂る方であれば外食にするでしょう。


また、普段から手作り弁当を持参している方であれば
通勤途中で弁当を購入するなどして
会社に遅刻しないように工夫します。


遅刻してしまうという不安を感じたら
遅刻しないようにする工夫をして
遅刻しない現実を引き寄せます。


このようなネガティブ要素が出てきてもどうすれば
ネガティブな現実を避けられるのかを考えます。


解決策がわかっていれば遅刻するかも
という不安要素が出てきても
気持ちが安定して落ち着いて対処できます。


とにかく、ネガティブ思考に陥ったら
慌てることなくどうすれば対処できるのかを
考えて対処していきましょう。


解決策を考えずにただただ
「どうしよう。どうしよう。」と慌てふためいて


解決策を作らなくては遅刻という
ネガティブな現実を引き寄せてしまいます。


ネガティブな現実を引き寄せないためにも
落ち着いて対処していくことです。


もちろん、今のあなたができることから
対処していくことです。


今のあなたができないことに意識を
向けても解決することはありません。
むしろ、ネガティブな現実を引き寄せてしまいます。

スポンサーリンク

ポジティブもネガティブも受け入れる


結果がどうであれポジティブな要素も
ネガティブな要素もすべて受け入れていくことです。


ポジティブな要素だけを認めて
ネガティブな要素を否定してまっては


単なる現実逃避になってしまい、
自分自身を成長させることはありません。


多くの自己啓発の本を読んでみますと


「ネガティブな要素を否定して
ポジティブな要素だけを認めろ。」


という変なポジティブ思考が流行っています。


こんな内容のものを読んでも
なかなか受け入れられませんし、


ネガティブな要素を否定すれば否定するほど
苦しくなってしまいます。


ネガティブな要素を否定するということは
ネガティブな自分自身を否定することになります。


臆病な性格だということを否定されてしまいますと、
臆病な性格の方は臆病な私は悪い奴だから
存在してはいけないと思ってしまいます。


また、臆病な性格を否定すれば否定するほど
自己否定感が高まってしまい、
臆病な人を見ると攻撃的な態度を取るようになります。


ですので、臆病な性格というネガティブな
要素を否定するのではなく
臆病な性格の自分を認めることです。


もし、臆病さがなければ
危険に備えて準備をするという行為を
しなくなってしまいます。


臆病な性格の自分を認められるようになれば
慎重さといった用意周到な部分を
評価されるようになります。


つまり、ネガティブな要素というのは
見方次第ではポジティブな要素に変わるのです。


ですので、ポジティブもネガティブも
善悪の区別をすることなく受け入れていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ


ネガティブな要素を受け入れられず、
ポジティブな要素だけを
受け入れようとする方がいますが、


ポジティブな要素をだけを受け入れようと
すると自己不一致が起こってしまいます。


また、ネガティブな要素を
見て見ぬふりをすることによって
解決すべき課題を見ないようにします。


具体的には悪い結果があっても気にしない、
仕方がないという精神の間違った解釈です。


悪い結果が起こったとしても
なぜ悪い結果が起こったのかをしっかりと
見つけて原因と向き合っていくことです。


原因と向き合って解決策を立てることで
同じ悪い結果は起こりません。


もし、ネガティブな要素を
見て見ぬふりしてしまえばまた、
同じ悪い結果が起こってしまいます。


悪い結果が出ても気にしないというのは本来、
結果そのものを気にしないということであって、
ネガティブな要素を否定しないことです。


悪い結果であっても、
こちらが直せる部分はきちんと直していき、
次回は同じ間違いをしないことです。


もちろん、ネガティブな要素と
向き合うのは誰でも嫌なことであり、
私でも嫌だと思っています。


しかし、ネガティブな要素と
向き合って改善していかない限り
成長はありません。


たとえ怖くてもきちんとネガティブな要素
と向き合って改善していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要な心構えという


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました