本当の強みは他人ができないことをあなたが難なくできること


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は本当の強みは他人ができないことをあなたが難なくできることというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

他人と比較した強みは崩れやすい

人よりもこの分野が強いと思っているの分野は一見すると強みのように思われますが、実は強みではありません。

なぜなら私の方が他人よりも優れていると思っている分野はあなたよりも優れた方が他にいるため、あなたよりも良い結果を出されてしまえばいとも簡単に砕かれるからです。

他の方と比較して作られた強みはあなたよりも高い能力を持つ他の方の力を思い知らされてしまえばいともたやすく壊れてしまいます。

あなたが優れていると思う分野はあなたよりも下の方はいますが、同時にあなたよりも優れた方も存在するのです。

あなたが得意な分野においてもあなた以上の結果を出されてしまっては上には上がいることを思い知らされて、自己否定感を上げてしまいます。

ですので、あなたが他人と比較して得た強みはは本当の意味で強みではなく、単なる優越感であるためいとも簡単に砕かれてしまいます。

本当の意味での強みとは他人との比較で得た強みではなくあなたが何の苦痛もなく簡単にこなせる分野が強みなのです。

例えばあなたがすぐに決断を下せる方であればウジウジしている優柔不断な方を見ているとイライラするでしょう。

あなたがイライラしてしまうのはあなたが決断をする材料を素早く手に入れてどれが最適な判断なのかを決断するのが得意だからです。

私には強みがないと思っている方は他人と比較する思考のクセがあるため、強みなんてないと勝手に思い込んでしまっているのです。

自分から勝手に強みがないと思い込めば当然自己否定感が高まっていき、何もしたくなくなってしまいます。

ですので、強みがないと思い込むことをやめるためにもあなたが難なくこなせている分野が何かを探していきましょう。

あなたの当たり前は他人の当たり前ではない

あなたが難なくこなせることは実は他人にとってはあなたのように難なくこなせなくて困っている方もいるのです。

例えばあなたが毎日朝5時起きを継続するのが当たり前だと思っていても朝5時に起きるなんて苦痛でしかないと思っている方もいます。

あなたが当たり前のようにこなせるのはあなたにとっては何のストレスも感じないので難なくこなすことができるのです。

ちなみに私が当たり前のように難なくこなせることは会社に行く前にはどんなことがあっても弁当を自分で作れることです。

たとえ起きたい時間に起きれなかったとしても炊飯器でご飯を早炊きにセットして、ご飯を炊いている間に着替えや朝食などの朝の身支度を素早く終わらせます。

おかずも凝ったものを作ることなく冷凍野菜と冷蔵庫における野菜、炊飯器にお米と一緒に肉や卵を入れているためお米が炊き上がればすぐに弁当箱に詰め込めば終わりです。

私が弁当を作る手順を他人に話しても面倒くさいと言われてしまうこともありますが、私にとっては全く面倒ではありません。

つまり、あなたが面倒だと思わずに難なくできることを意識して探していくことであなたの強みは簡単に見つかるのです。

こんなことが強みなわけがないと思えるようなことがあっても恥ずかしがることなく他人に話してみましょう。

実際に他人にあなたが難なくこなせることを話してみますと驚かれてしまい、「すごいですね。」と言われることも少なくないのです。

私も会社に出勤する際の弁当作りの話は婚活の場においても女性からの反応はよく、話が弾んだ経験をしています。

強みがないと思い込んでしまうのは非常にもったいないことですので、自分の強みが何であるのか探してみましょう。

自分の強みを生かす

自分の強みが見つかればあとは見つかった強みをどう生かしていくのかを考えて行動に移していくことです。

自分の強みを仕事に結び付けられれば仕事に生かしていくことによってあなたに対する評価も上がっていきます。

仕事に結び付けられなくてもがっかりすることなく日常生活の面でどうやって生かしていくのかを考えていくことです。

もちろん、あなたの強みを生かせられない場ではあなたは活躍できることなく終わってしまうため、駄目な奴だと思い込んでしまうのです。

あなたが強みをどうすれば生かしていけるのかを考えて様々な場面で実際に挑戦していかなせくては強みを生かせられません。

何時間も頭でいくらどうすれば強みを生かせるのかを考えていてもあなたの強みを生かして活躍できるようにはなれないのです。

頭でこうすれば強みを生かせられるのではないかと思えば実行に移していく思考にしていくことによってあなた自身が成長していきます。

1回でうまく強みを生かせられることはあまりないでしょうが、試行錯誤を繰り返していくことによって強みを生かせられるようになります。

ですので、強みを生かしていくためには何度も実際に挑戦していき強みを生かせるようになるまで試行錯誤を繰り返していくことです。

多くの失敗を経験することになりますが、失敗をたくさんしていかなくては強みをいかせられるようにはなりません。

強みを生かしていけるようになれば他人に貢献できるようになり、自己肯定感を上げられるようになります。

あなたの強みを生かせる場で活躍して他人に貢献していくことで充実した時間を過ごしていけるようにしましょう。

まとめ

強みというのは他人と比較して得た優越感を感じるものだと誤解されてしまい、他人と比較してえた強みはやがて強みではなくなっていきます。

なぜなら、他人と比較して得た強みはあなたよりも優れた方によって粉々に砕かれてしまい劣等感に変わってしまうからです。

他人に砕かれない強みは他人と比較して得られるものではなくあなたが苦痛もなくこなせることがあなたの強みなのです。

あなたにとって簡単にこなせる分野が他人にとって苦手な分野であれば苦手としている方の役に立って貢献できます。

あなたが簡単にこなせる分野で他人に貢献できるようになれば、他人から感謝されて充実した日々を過ごせるようになります。

あなたが苦痛もなくこなせる分野を苦手としている方の力になって貢献していき、自己肯定感を上げていきましょう。

本気で夢を叶えたいと思っている方は一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という

下のメルマガに登録して体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました