悪い結果であってもできた部分とできなかった部分の両方と向き合う


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は悪い結果であってもできた部分と
できなかった部分の両方と向き合う
というテーマでお話しします。

目先の結果にとらわれすぎない


自己肯定感が低い方は目先の結果が
悪かっただけで自信を失ってしまいます。


例えば、勝負に負けましたら、
負けたことにだけ意識を向けてしまい、


途中の内容がどんなに良かったと
しても無視してしまうのです。


目先の結果にばかり意識してしまいますと
他の良かった部分が見えなくなってしまい、
全て悪かったように思えるようになるのです。


目先の結果は確かに悪かったとしても
勝負までどのような準備をしてきたのか
という点もしっかり見直しておきましょう。


事前準備がきちんとできていないままで
勝負の結果がよかったとしても
次にまたいい結果を出すのは困難です。


相手の方のミスで救われた部分で
いい結果を出せたのであれば
次はいい結果を出しにくいでしょう。


結果そのものにとらわれるよりも
結果から出てきたものである


できた部分とできなかった部分に
目を向けることの方が重要です。


どうしてできたのか、
どうしてできなかったのかという原因を
追究していかない限り


同じ成功を手にすることはありませんし、
同じ失敗を繰り返してしまいます。


失敗を改善していかない限り、
悪い結果ばかり繰り返してしまい、
自己肯定感を下げることになります。


一度出てきた悪い結果を分析していかない限り
目先の結果はずっと悪いままです。


結果と結果が出るまでの過程と
向き合うことは容易ではありませんが、


しっかりと向き合っていかなければ
夢が叶うことはありません。


結果と結果が出るまでの過程を
しっかりと分析していきましょう。

自分の行動や意識に目を向ける


自分の行動や自分の意志しか
コントロールできませんので、


自分の行動で修正できる部分から
修正していきましょう。


一方、他人の行動など自分では
コントロールできないことには


自分ではどうにも出来ませんので、
あまり深く考えないことです。


結果そのものよりもその結果が
もたらした原因が自分にあるのか、


あるいは他人の行動や天候など
自分以外のものにあるのか。
この2つに分けて考えていくことです。


自分が原因で悪い結果を出してしまった
のであれば改善する余地はあります。


なぜなら、自分が原因であれば
自分が今後どうしていくのか


考えることができるので
自分で対策を立てることができます。


もちろん、あなた1人では
気づかない部分もあるため


他人の手を借りて一緒に探していく方が
より質の高い改善策を立てることができます。


自分のことに目を向けていけば
改善点はたくさん出てきますが、


他人のことや自然現象のことに目を
向けてしまっては何も改善点は出てきません。


他人がこちらの思った通りに
動いてくれなかったからできなかったとか、


天候が悪かったので思ったルートを
進めなかったといった自分以外のものに


目を向けてしまっては
根本的に何も改善されません。


他人に責任転嫁している方は
このような考えを持つため、


自分を変えようとせず、
自分から悪役の道に進んでいき
滅んでいくのです。


一方、自分のことに目を向けて
自分の行動や意志を改善していく方は


他人のせいにしないため
好かれやすくなります。


ただし、あなたが全く関わっていないことまで
自分のせいだと思う必要はありません。


あなたが関わったことに関して
自分に原因があるという前提で
原因を探っていくことです。

できた部分もできなかった部分もキチンと向き合う


悪い結果であってもできた部分は
しっかりと認めていき、
次もできるようにしていくことです。


一般的には悪い部分だけ注目してしまい、
できた部分は注目しない傾向にありますが、


悪い部分だけ注目しすぎてしまいますと
自己否定感が高まっていき
無気力になっていきます。


悪い部分と向き合うことも
確かに大事なことですが、


悪い部分だけを向き合って
できた部分を無視してしまいますと
できた部分ができなくなってしまいます。


ですので、できた部分もできなかった部分も
しっかりと受け止めて次回にも


できた部分を生かしていき、
できなかった部分は改善していきましょう。


もちろん、できた部分だけを
重視してできなかった部分を
無視してしまっては


単なる現実逃避になってしまいますので
どちらかだけを重視することは
やってはいけないことなのです。


できた部分とできなかった部分の両方と
向き合う姿勢が最も大事なことですが、


実はこの2つと向き合うことは
容易ではないのです。


特にできなかった部分で自分が
原因となったことに関しましては


自分の嫌な部分と向き合う
ことになるからです。


もちろん、誰しもが自分の嫌いな部分や
思い出したくない部分と
向き合うことは嫌なのです。


しかし、その嫌な部分と向き合うことが
できるかできないかで今後の人生が
変わってくると言っても過言ではありません。


できた部分はなぜできたのかを
把握していないと次にもできるようにはならず


単なるマグレだった
ということになってしまいます。


マグレで片付けることなくきちんと
理由を見つけて次もできた部分を
生かせるようにしていきましょう。


つまり、できた部分もできなかった部分の
両方と向き合うことができれば
やがてあなたの夢も実現するでしょう。

まとめ


多くの方は結果そのものにだけ向き合い、
良かった結果になればできた部分だけを
見て一喜一憂してしまい、


悪かった結果であれば悪かった部分だけを
見て落胆してしまうのです。


良かった結果も悪かった結果のどちらにも
できた部分とできなかった部分があるのです。


どちらか一方しか見ていない状態では
次回にも生かすことができず、
なかなか夢が実現しないのです。


どんな結果であったにせよ、
できた部分とできなかった部分の両方と
向き合う姿勢を持っていましょう。


しかし、1人では難しいので
第3者の視点が必要になってきます。


第3者の方と協力してできた部分と
できなかった部分の両方と
向き合っていきましょう。


もちろん、私に依頼すれば
一緒に探していきます。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました