自分で自分の機嫌を取ろうとすると不平不満を言わなくなる

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は自分で自分の機嫌を取ろうとすると不平不満を言わなくなるというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

自分で機嫌を取る

他人に自分の機嫌を取って欲しいからと言っていつも不平不満ばかり言ってませんか?

結論から言うと、自分の機嫌は他人ではなく自分しか取れません。

そもそも、他人に自分の機嫌を取ってもらおうとする発想を持っていると嫌われます。

なぜなら、他人もまた自分のことで精一杯だからです。

他人も自分のことで精一杯だからこそ、わざわざ他人がこちらの機嫌を取ってくれません。

自分の機嫌が悪ければ映画を見たり、旅行に行ったりと自分が好きなことをすることで自分の機嫌が良くなります。

ですので、自分の機嫌が悪かったら自分で機嫌を取っていきましょう。

自分でコントロールできる

なぜなら、自分の機嫌は自分でコントロールできるからです。

逆に言うと、自分の機嫌は自分以外ではコントロールできません。

だからこそ、自分の機嫌は自分でしか取れないのです。

もし、自分の機嫌が悪ければ、自分で自分を楽しませようとすることです。

例えば、趣味をしているときが楽しいのであれば趣味に没頭したり、美味しいものを食べている時が楽しいのなら、美味しいものを食べに行くことです。

自分で自分を楽しませて自分で機嫌を取る方が他人に機嫌を取ってもらうよりも短時間で効果が出ます。

ですので、自分の機嫌は自分で取っていきましょう。

自分と他人の問題を分ける

私も自分の機嫌が悪ければ私の好きなことをやるようにしています。

例えば、温泉に入りたいと思ったら、温泉に入りに行きますし、ゆっくりと寝たいと思えばゆっくり寝るようにしています。

好きなことをやって自分の機嫌を自分で取っているうちに他人の言動が気にならなくなりました。

なぜなら、他人の言動が私に関係ない言動であれば、「私には関係ない」と思えるようになったからです。

自分の問題と他人の問題を分けることで、他人の言動に私の気持ちが左右されなくなりました。

そして、他人に対して不平不満を言わなくなったのです。

自分の機嫌を自分で取っていくと他人の言動など自分に関係ないことで無駄にイライラしなくなります。

ですので、自分の機嫌は自分で取っていきましょう。

まとめ

自分の機嫌は他人ではなく自分でしか取れません。

なぜなら、他人に自分の機嫌を取ってもらおうとすると他人に不平不満を言い出していき、嫌われていくからです。

ですので、自分の機嫌は自分で取っていきましょう。

自分の機嫌を自分で取ることで他人に不平不満を言わなくなります。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました