感謝の気持ちを持つと心豊かになる


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は感謝の気持ちを持つと心豊かになる
というテーマでお話しします。

当たり前を口にしない


何か自分が他人を助けた際に
「ありがとう。」と感謝されても

「そんなの当り前。」と
返してしまう方がいます。


当たり前と口にすれば
感謝の気持ちが出てくることはありません。


なぜなら、自分が他人に対してやって
当然だという気持ちが出てくるからです。


そして、自分が他人から助けてもらった際に
「ありがとう。」と感謝しないで

「そんなの当たり前」と思っても
同じように感謝の気持ちは出てきません。


この場合、他人が自分を助けるのは当然だという、
いわば上から目線の発想です。


こんな上から目線の考え方をしていれば
次からは助けてもらえることはありません。


他人を助けても他人から助けられても
「そんなの当たり前」と思ってしまっては
感謝の気持ちはなくなってしまいます。


そもそも「当たり前」と
決めているのは本人だけですので


他人にとっては「当たり前」
のことではありません。


「当たり前」と思ってしまう方は
普段から傲慢な方にみられる傾向にあります。


「当たり前」と口にしたり、
「当たり前」思ってしまうことによって
自分の中におごりや慢心が生まれてきます。


おごりや慢心がある方は見下しているとか、
偉そうといった悪いイメージを
他人から持たれてしまいます。


ですので、「当たり前」と口にするのではなく
「ありがとう」と口にすることが大事なのです。

好意を受けたら素直に受け入れる


他人から感謝の言葉を言われても
「まだまだです。」とか、


「たいしたことないです。」と
口にしないようにしましょう。


他人からすれば他人が素直に
喜んでいるにもかかわらず、


自分で「まだまだ。」とか
「たいしたことない。」と口にすることで


自分で自分の価値を
下げることになってしまいます。


こちらが相手の方を満足させればいいのであって、
こちらが相手の方に与えたものの価値観は
こちらで決める必要はありません。


自分からたいしたことないと思ってしまうだけで
自分に自信がないと相手の方に伝えてしまうのと
同じことなのです。


自信がないことをわざわざ自分から
相手の方に伝えても何のメリットもありませんので


自分で自分の価値を下げないように
していきましょう。


自分から自分の価値を下げてしまうだけで
この人は自信がないんだと思われてしまい、
好印象を持たれることはありません。


また、相手の方から親切な行為を
してくれたにもかかわらず、

自分から相手の方に親切な行為を
返してしまう方もいます。


具体的には車の運転中でせっかく道を
こちらを先に行かせようとしてくれたかかわらず、


こちらが遠慮してしまって先に行かないで
相手の方に道を譲ってしまう行為です。


この場合、お互いに先に行こうとしないため
次第にお互いイライラしてしまい、


どちらか一方が先に移行した際に
車がぶつかってしまう結果になってしまいます。


親切な行為をされた側が自分には
親切な行為を受ける価値がないと思っているため
親切な行為を受け入れることができません。


そのため、親切な行為を相手の方に
返してしまうという自分に自信が
ない行動をとってしまいます。


自分に対する自信の無さは時として
他人を傷つけることになってしまいます。


自分から自分には好意を受ける価値がないとは
思わずに素直に好意を受け入れましょう。

感謝するかどうかは相手次第


こんなことをすれば相手の方は絶対に
自分に感謝してくるだろうと思うのは
単なるエゴにすぎません。


なぜなら、こちらがした行為に対して
感謝するかどうかを決めるのはこちらではなく
相手の方なのです。


こうすれば絶対に感謝すると思ってしまいますと
反発されてしまい、
嫌われる対象になってしまいます。


相手の方は絶対に自分に感謝するだろう
という気持ちもまた自分に
自信がない方の思い込みです。


もし、自分に自信があるなら
相手の方がこちらに感謝しようがしまいが
関係ないと思って見返りを期待しません。


見返りを期待するのも自分に自信がない証拠です。


もし、相手の方から感謝されれば
素直に感謝の気持ちを受け入れようとします。


決して自分の評価を下げるような
言葉を口にはしません。


自分は感謝される価値はあると思って
感謝の気持ちを素直に受け入れます。


相手の方から見返りを求めてしまうのは
自分に自信がないため、

見返りがなければ今度は
相手の方を非難してしまいます。


ストーカーはこの典型的な例であり、
嫌われる対象になってしまいます。


見返りを期待して他人に貢献しても
他人から嫌われてしまうだけです。


ですので、見返りを期待することなく
他人に貢献していきましょう。


そして、貢献していく中で
感謝の気持ちを言われたら


感謝の気持ちを返すことなく
素直に受け入れていきましょう。

まとめ


他人から感謝されたら自分を否定する方を
見かけたので今回はこのような内容にしました。


他人から感謝されたら自分には
感謝される価値がないと思うことなく
素直に感謝の気持ちを受け入れることです。


具体的には「ありがとう。」と感謝されたら、
「お役に立ててうれしいです。」というように
感謝の気持ちを受け入れていくことです。


「自分はまだまだです。」と
口にはしないことです。


まだまだということは自分には価値がない、
自信がないと自ら他人に打ち明けているのです。


今後は決して「まだまだ」といった自分から
自分を否定しないでいることです。


自分から否定すればするほど
自分に対する自信はどんどん
失われていってしまいます。


自信を無くさないためにも
相手の方からの好意を素直に
受け止めていきましょう。


他人からの感謝を受け入れられれば
どんどん自己肯定感が上がっていきます。


うまく言葉にできなくてもいいので
頭でうなずくだけでもやっていきましょう。


感謝の気持ちを受け入れられるようになって
自己肯定感を高めていきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要な心構えという


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました