怒鳴り散らしてばかりいる方と関わるデメリット


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は怒鳴り散らしてばかり
いる方と関わるデメリット
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

怒鳴り散らしてばかりいる方は他人を支配したがる


普段から怒鳴り散らしてばかりいる方は
自分の思い通りに物事が進まないことや


他人が動いてくれないことに
対して不満を持っています。


他人に対する不満から
他人を怒鳴り散らして


自分の思い通りにしたいという
身勝手な振る舞いをしているのです。


つまり、普段から怒鳴り
散らしてばかりいる方は


自分の思い通りにならないことに対して
不満を持っているのです。


そもそも他人の行動や思考、
自然現象などは自分で
コントロールできませんので、


これらをコントロールしたい
という発想自体がおかしいのです。


こちらがコントロールできるのは
自分の思考や行動など


自分が主体のものだけしか
コントロールできないのです。


こちらがコントロール
できることにだけ意識を向ける方が


他人を変えようとするよりも
精神的な負担が軽くなります。


他人のことにばかり意識を向けて
自分の方に意識を向けないということは


まるで自分が支配者であるかの
ような勘違いをしているのです。


人は誰しも他人から
支配されることを拒みますし、


他人が自分の領域に
侵入することを拒むので


支配しようとする方を
排除しようとするのです。


ですので、普段から怒鳴り
散らしてばかりいる方は自分から


嫌われ者のポジションについてしまい、
誰からも相手にされないのです。


怒鳴り散らして他人を
支配しようとしている方は


他人の短所ばかりに
目が行ってしまうため、


自分から勝手に
イライラしていくのです。


しかも、自分から
勝手に嫌われていくため、


こちらから仕返しをして
やろうという発想を持っても
何のメリットもないのです。


ですので、怒鳴り散らして
ばかりいる方とまともに
相手にすることなく受け流す、


あるいは誰かに相談して
対処してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

怒鳴り散らしてばかりいる方はネガティブ思考


怒鳴り散らしている方は
ネガティブ思考でいる
時間の方が長いため、


物事や他人の言動などを
悪い方向に捉えてしまうのです。


しかも、普段からネガティブな
情報ばかりを取得していて、


ネガティブな環境にいるため
思考がネガティブなのです。


ですので、まともに怒鳴り
散らしてばかりいる方と


関わってしまってはこちらの思考も
ネガティブに変わっていきます。


怒鳴り散らしてばかりいる方を
まともに相手にしてもただこちらが


疲れてしまうだけですので、
極力相手にしないことです。


相手にしてしまっては
こちらの身が持ちませんので、


距離を取って関わらないように
日頃から気をつけていくことです。


もし、仕事で怒鳴り散らして
ばかりいる方とどうしても


関わらなくてはならないのであれば
1人でストレスを抱え込まない
よう相談していくことです。


プライベートであれば
ブロックするなどで関われないように
することができますが、


仕事の場合、最低限の付き合いが
出来なければますます目の
敵にされてしまいます。


ですので、最低限、
その日にあった時だけの
挨拶を交わす程度にとどめておけば


怒鳴り散らしてばかりいる方も
それほど気にはならないのです。


もし、嫌いだからといって
挨拶を交わさなければ
目の敵にされてしまい、


攻撃の対象と見なされて
怒鳴られてしまいます。


怒鳴り散らしてばかりいる方は
ネガティブ思考でいる頻度が高いため、


ちょっとしたことであっても
すぐにネガティブに捉えてしまいます。


ネガティブ思考が強い方と
関わってしまえばこちらの
身もボロボロになり、


思考もネガティブ思考に
変わっていきます。


ですので、怒鳴り散らして
ばかりいる方とは


極力関わらないように上手に距離を
取って付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

他者依存の思考にならないこと


怒鳴り散らしてばかりいる方は
当然自分勝手な方ですので、


他人のために役立つことを
しようとは思っていないのです。


むしろ、他人から
クレクレとばかり言っていて、


こちらが何もくれなければ
怒鳴りつけてもらおうとするのです。


怒鳴りつけることで他人を
思い通りに動かせた経験から
他人を怒鳴りつけているので、


しかも動かされている方は
他者依存の方ばかりなのです。


他者依存の方は他人からの
評価をやたらと気にしているため


怒鳴りつけられてしまえば
自己否定感を持ってしまうため、
嫌いな方の言うことに従うのです。


もし、禁止事項などのやっては
いけないことを怒鳴りつけられて


しまったことによってやってしまえば
こちらが損をするだけなのです。


ですので、禁止事項などの
禁じられているものであれば


たとえ怒鳴りつけられたとしても
キッパリとできないと断ることです。


他者依存の思考に
ならないようにするためには


他人と自分を切り離して
考えていくことです。


たとえ他人がどうであっても
あなたには関係がありませんし、


何よりあなたのことを
否定してくる方もいれば
肯定してくれる方もいるのです。


ですので、怒鳴り散らしてくる方の
価値観にあなたの価値観を
無理矢理合わせる必要はないので、


あなたが大事にしたい考えを
曲げてはいけないのです。


怒鳴り散らしてばかりいる方は
自己否定感が高い
他者依存の方を好むため、


他者依存の思考を捨てなくては
獲物としてみなされて
攻撃されてしまいます。


ですので、怒鳴り散らすという
手段を取ってくる方に対しては


毅然とした態度でNoという
意思表示強くをすることです。


強い意志できっぱりと
断れるようになれば


怒鳴り散らしてくる方を
遠ざけることができ、
あなたの心は乱れなくなります。

スポンサーリンク

まとめ


どんな場所にいても少なからず、
怒鳴り散らすという手段を使って


思い通りにしたいと
思っている方がいるものです。


特に職場で怒鳴り散らして
思い通りにしようとしてくる方と


一緒にいるのは心地いい
ものではありませんので、


ストレスをためることなく
周囲に相談していくことです。


1人で悩まないようになれば
怒鳴り散らしてくる方も
関わらないようになるため、


あなたのストレスは
溜まりにくくなります。 


もし、あなたが他者依存の思考であれば
怒鳴り散らすことが好きな方に


とっては最高の獲物ですので、
他者依存の思考を捨てることです。


あなたのことを否定する方もいれば
肯定する方もいるので


大事にしたい考えを失う必要も
怒鳴り散らすことが好きな方に
価値観を合わせる必要もないのです。


また、怒鳴り散らしてばかりいる方は
ネガティブ思考が強いので、


関わってもこちらには
何のメリットもありません。


私はかつて中小企業で勤めていた頃は
怒鳴りつけてくる方が多かったので
非常に辛い思いをしていました。


しかも、自己否定感が強かったので
怒鳴り散らしてくる方の言いなりに
なっていた時期もありました。


しかし、今は怒鳴られても
1人で抱え込むことなく
周囲に相談しています。


怒鳴り散らしてばかりいる方と
距離を取ってあなたの価値観を


受け入れてくれる方と
一緒にいるようにしましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました