他人の悪口を言っている時間ほど無駄な時間は無い


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は他人の悪口を言っている
時間ほど無駄な時間は無い
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

他人の悪口を言うのは暇な証拠


他人の言動や振る舞いなどに対して
悪く言ったところで何も満たされることなく
時間だけが過ぎていきます。


仲間同士で特定の方の悪口を言い合っても
悪口を言い合っている時間は満たされていても
仲間と別れた後はまた空しくなっていきます。


会社の飲み会で気に入らない上司や
同僚の悪口を言い合うほど無駄な時間は無く、
質の悪い時間を過ごしている会はありません。


もしあなたが他人の悪口ばかり言っていますと
知らないところで誰かが
あなたの悪口を言っているのです。


もちろん、あなたの耳に聞こえない場所で
誰かがあなたの悪口を言っているので、
あなたが知るはずがないのです。


あなたと同じような行動を取る方は
あなた以外にもいることを知っておかないと
知らない間に痛い目に遭ってしまいます。


自分がされて嫌なことは他人に対しても
やらないという誰でも理解できることを


理解していませんと知らない間に
自分に返ってきます。


私は被害者だと思っていても
実はあなたが先に他人に対して
嫌なことをしていたため


報復として自分に返ってきているので
加害者であることに気づいていないのです。


悪口が多い方は被害者意識も高いので
関わりたくないと距離を取られてしまい、


次第に相手にされること無く
孤立していくのです。


他人の悪口を言うことで
自分から孤立していくので


他人の悪口を言うこと自体が
時間の無駄遣いなのです。


他人の悪口から何のメリットも
生まれること無く


ただただ空しい時間をしていくだけで、
ただの時間の浪費なのです。


ですので、他人の悪口を
言う時間を無くしていき、


代わりにあなたがやりたいことに
時間を使っていきましょう。

悪口を言っても自分を満たせない


他人の悪口をいくら口にしたところで
自分の心を満足させるどころか、
ますます自分の心がすさんでいきます。


しかも、悪口を言えば言うほど
心の状態は好ましくなるどころか
ますます悪化していきますので、


悪口を言うことをやめるように
心がけましょう。


悪口をやめるようにしてもどうしても
イライラしてしまうこともあるので、


どうしても悪口を言いたいのであれば
期間を決めて悪口を言いましょう。


そして、悪口を言う期間を過ぎましたら
悪口を口にすること無く、


自分のことに意識を向けてあなたが
やりたいことに集中していくことです。


悪口ばかりいくら口にしたところで
現実が好転するどころか


むしろ現実が悪化していき、
居心地が悪い日々を過ごすことになります。


しかも、悪口を言う時間が多ければ
多いほど自分で自分を苦しめていき、
体調不良にもなりやすくなるのです。


ですので、他人の悪口を言う
時間を減らしていき、


自分のことにひたすら
集中して取り組んでいくことです。


自分のことに集中して取り組んでいれば
他人や世間の悪口を言っている
時間はないと思うようになります。


他人の悪口を言っている時間があるのは
あなたが取り組むべき課題に
集中できていない何よりの証拠です。


しかも、悪口を言えば言うほど自分で
自分が満たされていないことに直視させられ、


ますます自己否定感を上げて
いくことになります。


ですので、今日から他人の悪口を言う代わりに
自分のことにひたすら
集中していくようにしましょう。


他人の悪口を言ってもあなたの現実は
良くなるどころかますます悪くなっていく
だけの無駄な労力なのです。

自分の課題に集中して取り組む


自分に意識を向けていくことで
他人に意識が行かなくなり、


他人の悪口を言う時間を
無くしていくことができます。


他人に意識が行かなくなる状態を
作ることで他人に悪口を言わなくなり、
他人との関係を悪化させないようにできます。


自分のことに意識を向けて自分の課題に
しっかりと取り組んでいくことによって、


あなただけでなく他人との
関係も良好になっていきます。


自分の課題にしっかりと
向き合っていくためには自分の弱さを
否定することなく受け入れていくことです。


私も自分の弱さを受け入れるのは
正直なところ嫌なのですが、


自分の弱さを受け入れなければ
自分を成長させることは
できないことを知っています。


自分の弱さを否定してしまえば
前に進めることなく同じ場所にずっと


留まることになってしまい、
自己否定感を上げてしまいます。


自分の弱さを見つけましたらまずは
あなたがこれならできそうだと思える部分から
取り組んでいきましょう。


いきなり弱さを完全に克服しようとして
難しい課題を設定してしまえば弱さを
克服できず自己否定感を上げてしまいます。


自己肯定感を上げるには少しずつ
できそうだと思える部分から


取り組んでいくことでできたという
実感を持てるようになります。


自分の弱さから向き合うことなく
逃げているからこそ他人や世間の悪口を言って
自分を誤魔化しているのです。


自分を誤魔化しているからこそ、
悪口を言われて


「そんなことを言っている
あなたはどうなんですか?」と


返されても言い返せない、
あるいは逆上してしまうのです。


ですので、自分の課題から逃げることなく
しっかりと向き合っていき、


少しずつできそうだと思える
部分から取り組んでいきましょう。

まとめ


以上が他人の悪口を言っているだけで
時間と労力を無駄にしている理由について


紹介してきましたが、
いかがでしたか?


他人の悪口をいくら言ったところで
あなたが置かれている状況は改善される
どころかますます悪化していくだけです。


しかも、他人の悪口を言えば言うほど
自分で自分のことを苦しめていき、


自己否定感を上げていくだけ
の無駄な労力なのです。


他人の悪口を言うのをやめて
あなたが取り組むべき課題に逃げることなく
取り組んでいくようにしましょう。


他人の悪口を言っているということは
あなたが取り組むべき課題から
逃げているだけですので、


自分から惨めな姿を他人に
さらけ出しているのです。


もうこれ以上自分に惨めな
思いをさせないためにも


自分で自分のことを大事にしていくためにも
自分の課題から逃げることなく
向き合っていきましょう。


まずはあなたがこれならできそうだと
思える部分から取り組んでいくことで
自己否定感を上げるのを阻止できます。


そして、できそうだと思える部分が
できるようになればできたという実感を
持てて自己肯定感を上げられます。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました