失敗したことがない方は他人の痛みがわからない


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は失敗したことがない方は
他人の痛みがわからない
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

トントン拍子で進んできた方は失礼な発言が多い


何の苦労もしたことがなく
トントン拍子に人生を送ってきた方の
発言はとても失礼なものが多いのです。


例えば、「何で結婚しないの?」とか
「子どもはいつ?」とハラスメントの発言を


女性社員にする上司や同僚は
何も苦労していません。


何も苦労したことがないので
女性社員の気持ちには
これっぽっちも興味がないのです。


このような失礼な発言をする方は
他人がそのような失礼な発言をされて


どんな気持ちになるのかと
考えたこともありませんし、


一見、他人に関心があるようで
実は無関心なのです。


無関心だからこそ自分の思い込みに
当てはまらない方を無理矢理
当てはめようとするのです。


そして、知らず知らずのうちに
嫌われものになっていることに気づいていない
痛々しい人物なのです。


トントン拍子で進んでいることを
高評価しているのは日本だけであって


海外ではこのようなトントン拍子で
進んでいる方に対しては警戒されるようです。


失敗したことがないというだけで
おかしな目で見られるのが海外であって、


日本では失敗したことがないと素晴らしい
人物だと評価されるおかしな国なのです。


だからこそ、高学歴などの資格や
過去の経験がやたらと評価され、


自分の過去の栄光に
執着している方がいるのです。


昔の日本はいい学校に入学して
いい企業に就職して、結婚して、


マイホームやマイカーを購入するのが当たり前
という集合的無意識がありました。


しかし、令和の今日でそのような
昔の集合的無意識が当たり前だと
思っていてはお笑いです。


もはや終身雇用は平成の時点で
崩壊しているため今までトントン拍子で


生きてきた方は今後レールを
外れたら立ち直れないでしょう。

スポンサーリンク

失敗したことがないというだけで大損している


今日まで大きな失敗をしたことがない方は
失敗をどのように乗り越えてきたのかという
体験談がないので話に面白味がありません。


一方、大きな失敗を経験したことが
ある方は話にも面白味があり、


今日までどのように考えてどのような行動を
してきたのかは誰しも興味があります。


もちろん、失敗を乗り越えてそこから先に
進まなければそれ以上の進歩はありません。


例えば、新卒で入社した会社がある
日突然倒産して職がなくなって


そのドン底から這い上がった経験は
聴いてみたいと思う方もいます。


一方で、新卒から何不十分なく
同じ会社に勤務してきた方の話は
何ひとつ面白味がありません。


もちろん、勤務年数が長いことも
ひとつの武器ですが、


冒険しない姿勢を持っていると
なお面白味がありません。


大企業に勤めている方のなかにはもっと
活躍したいと思って脱サラする方もいますが、


終身雇用を本気で信じて
冒険しないサラリーマン人生を送ろうと
する方と話をしても面白味がありません。


冒険すれば当然失敗する可能性もありますが、
同時に大きく成功する可能性もあります。


一方で冒険しない人生を選べば定年後に
再就職先を探しても見つからないでしょう。


失敗しない人生を歩もうとすると人生の終盤に
大きな失敗や挫折を味わうことになります。


しかも、失敗慣れをしていないため
どうすればいいのかわからずに
狼狽えているだけの状態になります。


失敗したことがないというだけでも
人生に置いて不利な位置に立ってしまいます。

スポンサーリンク

失敗しても恥ずかしくない


失敗しても多くの失敗はまたやり直せば
取り返せるものばかりです。


また、重大な失敗になる前に
小さな失敗から改善していくことで
重大な失敗を防ぐことができます。


そもそも、日本では失敗=悪と教わってきて
いる方が多いため失敗することを


極端に恐れているため失敗の
大半は取り返せることを知らないのです。


絶対に失敗が許されない仕事は
ロボットに任せた方が効率が良いので
人間がわざわざやる必要がありません。


失敗が許されない仕事なら
なぜ失敗が許されないのでしょうか?


失敗から来る結果は実際には
誰かが困るというものがほとんどで、


失敗をしたから地球がなくなる
というわけでもありません。


失敗をして仕事を失っても
また仕事を見つけていけば良いのですし、


失敗を極度に恐れる企業は
遅かれ早かれ倒産します。


失敗を極度に恐れるなら
チャレンジ精神はありませんし、


現状維持のルートを進んで行くことに
なるので倒産するのは明白です。


失敗に対して寛容でならなくては
進歩していくことはありません。


もちろん、同じ失敗を何度も
繰り返していくことは感心しませんが、


失敗をすることでなぜうまく
いかなかったのかを考えて
改善する要素を見つけられます。


失敗をしなければ学びはありませんし、
何の失敗もしたことがないということは


常に単調な毎日を過ごしてる
何よりの証拠です。


失敗を極度に恐れた人生を送りたいのであれば
挑戦して得られる達成感や喜びも味わうことが
ないリスクを背負うことになります。

スポンサーリンク

まとめ


失敗を避けて生きてきた人生は話を聞いても
何の面白味がないと思うでしょう。


人は苦難を乗り越えたときの話の方が
面白味があって好感を持てるのです。


失敗をしたことない方は失敗をした
他人に対しては厳しい発言をして
知らず知らずの間に嫌われていくのです。


いい暮らしをすることが成功している
のではなく失敗や挫折を味わいながらも
必死で乗り越えていく方が成功に近づけます。


ですので、失敗をしたくない、
傷つきたくないと思って安全な道を


進んでいっても後々大きな試練が
来ても乗り越えられません。


自分でリスクが取れる範囲でいいので
自分からドンドン挑戦していきましょう。


失敗することは悪いことではありません。
失敗をしてもきちんと改善して前に進んで
行ければ確実に進歩できています。


人は失敗しなければこのままでは
いけないという危機感を持つことはありません。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました