結果を気にせず自分から行動していくと他人に依存しなくなる

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は自分から行動していくと他人に依存しなくなるというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

自分で考える

いつも自分から行動することなく他人からの助けを求めていませんか?

他人からの助けに頼りっきりっている状態が他人に依存している状態です。

他人に依存している状態になると成長できません。

確かに他人の助けを必要とする場面で他人に助けを求めなければ時間を無駄にしてしまいます。

しかし、いつも他人の助けを頼りにしていると、自分の思考や考える力を停止させてしまいます。

他人からの助けを求めてばかりいると、自分で考えようとせず、他人に依存してしまいます。

他人に依存してしまうと、知らず知らずのうちに惰性的な日々を過ごすことになるのです。

他人に依存しないで自分で道を切り開くためにも、思い切って自分から行動してみましょう。

現状や課題が明確になる

なぜなら、自分から行動することで現状や課題を明確になっていくからです。

現状や課題が明確になれば解決策も自然と明確になっていきます。

現状、課題、解決策が明確になると自分から行動したい気持ちになっていきます。

もし、今の現状や課題がわからないのであれば、行動量が足りていません。

行動量を増やさなければ解決策が曖昧なままなため、現状は変化しません。

行動量を増やして現状を変えていくと自分を信じられるようになります。

自分を信じられるようになれば他人に依存しなくなります。

ですので、行動した後の結果を気にするよりも、まずは自分から行動していきましょう。

まずは行動する

私はかつては毒親からの否定的な言葉に負けて、自分の意見や願望を主張することができませんでした。

そのため、自分から行動することなく、毒親に依存した日々を過ごしていました。

しかし、毒親の主張に心のどこかで疑問を持ってたのです。

例えば、「そんな服をお前が着ても似合うはずがない」と実際に着る前から言われたときでした。

「似合わなければ違う服を選べば良いのに」と思ったので、毒親の言葉に耳を貸すことなく着たい服を着てみました。

その結果、毒親がビックリして「似合っている」と言ったのです。

このように実際に自分から行動しなければ現状は何も変わりません。

ですので、まずは行動していきましょう。

まとめ

他人に頼りすぎて、自分から行動しなければ成長できません。

なぜなら、他人に頼りすぎると思考停止になって、受け身の姿勢になるからです。

受け身の姿勢では成長しなくなるので、自分から行動していきましょう。

自分から行動していくことで、他人に依存しなくなっていきます。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました