他者依存の精神をやめると気持ちが自立して新しい世界が開けていく


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は他者依存の精神をやめると
気持ちが自立して新しい世界が開けていく
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

他人に依存していると自分の気持ちがわからなくなる


誰かに依存している状態では
誰かから何かをもらわない限り


自分から何も行動しないまま
時間だけが過ぎていきます。


また、誰かに依存している状態では
困った状態になると自分から助けを呼ぼうと
することなくじっと待っているのです。


誰かに声をかけてもらえるまで
自分から動こうとせず、


辛い状態になっているのを
我慢したままじっとしているのです。


他者依存の精神では自分の
気持ちに気づくこともしないため、


自分の心が痛んでいれば
悪いことだと認識してスルーするのです。


自分の気持ちを無視して自分の体や心を
粗末に扱ってしまえば


自己否定感が上がっていき、
うつ病のリスクが上がっていきます。


他者依存の精神をやめるには
依存している相手の方の元を離れ、
自分の気持ちを否定せず受け入れることです。


相手の方から離れようとすると
他者依存の精神が強い方は離れようとはせず
泣きついてひき止めようとするのです。


泣きつけば泣きつく程ますます
相手の方から嫌われていき、


距離をさらに取られていき
連絡できないようにされるのです。


ですので、嫌われる悪循環を
断ち切るには他者依存の精神をやめて


自分の気持ちを大事にしていく
自立の精神に切り換えていくことです。


依存の精神をやめない限り
自分の本当の気持ちが見えてくることも
自立の精神も養われることはありません。


依存をやめるには無理矢理にでも
依存対象から離れて、


自分と向き合う時間を増やして
自分の気持ちを知っていくことです。


こちらから離れるか相手の方から
離れるかの違いがあっても


いずれは離れる現実がやって来るので、
自立の精神を持たざるを得なくなります。

依存することをやめない限り変われない


他者依存をやめる環境になりましたら、
自らの判断や思考を信じられるように
取り組んでいくことです。


他者依存ができない環境の中では
誰も頼ることができませんので自らの手で
道を切り開いていかなくてはなりません。


私はかつて誰に聞いたらいいのか
分からない最初の就職先から


未払い賃金が発生している状況に
なっていたことがありました。


私の知り合いに法律の専門家が
1人もいませんでしたので、


自分で未払い賃金の取り返し方を調べて
弁護士に聞かざるを得なくなりました。


自分で調べていくうちに実際に
弁護士と契約して様々な証拠を出したり、


なかなか弁護士が動いていないときは
さらに上の弁護士会に聞いて
対応してもらいました。


こうして紆余曲折ありながらも
労働審判までたどり着くことができ、
未払い賃金を取り返すことができました。


もし、私が他者依存の精神でしたら
未払い賃金を取り返すことなく


泣き寝入りをして何もする
ことなく終わっていたでしょう。


私のことですので誰も私の代わりに
行動してくれることはありませんし、


誰かが何とかしてくれるだろう
という発想では現実は変わりません。


今の現実に不満があるなら
誰かが何とかしてくれるだろうという


他者依存の精神を捨てて
自分で何とかするという自立の精神に
切り換えていきましょう。


自分で切り開こうとしなければ
たとえどんなに素晴らしい方が
あなたのメンターであっても


あなたがメンターに依存していては
何も変わりません。


他者依存の精神では自分の行動や
決断に責任を持とうとしなくなり、


自分の行動の結果が悪ければ
メンターのせいにするように
なってしまいます。


ですので、他者依存の精神である限り、
人生は変わることなく現状維持の
まま時間だけが過ぎていくのです。

依存をやめると新しい1歩を踏み出せる


自立の精神を養っていくことで
自分の行動から出た結果に


責任を持てるようになり、
結果を客観的に分析できるようになります。


他者依存の精神では結果そのものに
しか目が行かないため視野が狭く、


結果を客観的に見られないため
他人のせいにするのです。


他人のせいにしていてはいつまで
経っても視野が狭いままですので


早い段階でメンタル面でも
自立していきましょう。


他者依存をやめることで
前向きになりやすくなり、


特定の方に固執することなく
価値観が合わなければ別の方の
意見を聞けるようになります。


恋愛面でしたらこの方しかいない
という思い込みが無くなるため、


うまくいかないなと思えれば
別の方に気持ちを切り換えられるのです。


視野が狭いままですとこちらが
合わないと思っていても婚期を


逃してしまうから嫌だという思いから
離れられなくなるのです。


恋愛面で他者依存の思考があるか
どうかがよく見えてしまうため、


相手の方が他者依存の精神を持っている方
ですと離れるのが困難になるでしょう。


しかし、こちらが合わないと思いましたら
たとえ婚期を逃すかもしれないと
思ったとしても強引に離れることです。


また、婚期はあなたが結婚を断念しない限り
まだまだチャンスはありますので、
あなたの気持ち次第で結婚できるのです。


他者依存の思考をやめることで
客観的に物事が見られるようになっていき、
新しい世界が現われるのです。


なぜあの方に執着していたんだろうと
疑問に思ってしまうこともあるでしょうが、


疑問に思えた時点で視野が
広くなっている証拠です。


ですので、他者依存の精神から
自立の精神に切り換えて、


視野を広げて新たな世界を
切り開いていきましょう。

まとめ


他人に依存したままではこちらの
視野が狭くなってしまい、


物事をキチンと判断できなく
なってしまいます。


誰もあなたの人生を
変えることはできませんし、


自分で変えようと思わない限り
あなたの人生は変わることは無いのです。


ですので、誰かに依存して
あなたの人生の舵を取らせることなく


自分で舵を取って自分で
操縦していくことです。


自分の人生をうまく操縦できれば
主体的に生きられるようになり、
自分のことを信じられるようになります。


自分のことを信じられるということは
自己肯定感が高いので


どんなに困難な場面になっても
乗り越えて行けるようになります。


他者依存の思考をやめて
自立していける人生を目指して、
自分から様々なことに挑戦していきましょう。


そして、挑戦した結果を
誰のせいにすることなく自分で受け止めて
客観的に分析していくことです。


うまく分析できなければメンターに
依頼して一緒に分析していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました