他人からの評価を気にしすぎない


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は他人からの評価を気にしすぎない
というテーマでお話しします。

他人の評価を気にしすぎると自分の意志を押しつぶす


よくあの人からよく思われたいと思って
行動している方がいます。


婚活を例に挙げますと
婚活では相手の方に好かれなくては


次のステップに進めませんし、
そもそも、異性に好かれたいと思うことは
誰しも思うことです。


しかし、好かれよう、好かれようと思っていても、
自分を押し殺してまで相手の方に
好かれようとしていては


本来の自分を押し殺してしまうため、
結果として自分で自分の首を
絞めることになってしまいます。


そして、その方との交際が
うまくいかなくなってしまえば、


とてつもない疲労感を味わってしまい、
強い自己否定感を感じることになります。


婚活において相手の方に好かれようと
努力すること自体は大事なことなのですが、


自分の価値観や信念を押し殺してまで
好かれようとしていては

たとえ相手の方と運良く結婚できたとしても
遅かれ早かれ離婚という悲劇を味わうことになります。


他人の評価ばかりを気にしていては
自分自身を否定してしまうことになってしまいます。


過剰に他人の評価を気にするということは
他者依存の思考になっている証拠です。


他人に評価されていない自分は
価値のない人間だと思っているため、
本来の自分の長所を発揮できません。


本来の自分を発揮できない相手の方と一緒にいても
楽しくないため早く別れて別の方と
交際していくことが自分を楽しくさせるのです。


しかし、早く結婚したいと思ってしまう焦りから
自分でも価値観が合わないと知りながらも
長く交際してしまいます。


なぜなら、結婚していない独身である
自分は価値のない人間という思い込みがあるため、
自分に合わない方と交際するからです。


ですので、自分は価値がないと思い込むことを
やめることで自分の平常心を取り戻していくのです。

他人とあなたは別の人間と思うこと


他人とあなたは別の人間ですので、
最初から考え方や価値観があなたのものと
合っていることはありません。


もし、あなたの考え方や価値観に他人のものが
完璧に一致している方がいるとしたら、
あなたのコピー人間以外存在しません。


たとえあなたの考え方や価値観に近い方がいたとしても
多少異なっている方が多いのです。


こちらの価値観との多少の異なりが許せなくては
一緒にいても長続きしません。


相手の方の価値観がこちらの許容範囲内であれば
認めていく方が一緒にいても長続きします。


どうしても譲れない価値観があれば
長く一緒にいることなく別の方と交際していく方が
お互いに時間の無駄にはなりません。


お互いの価値観を知るためにも
お互いのことを話していくことが大事です。


お互いのことをほとんど話すことなく
一緒に生活していっても家庭内別居になってしまい、
一緒にいるのが苦痛になってしまいます。


苦痛にならないためにも
早い段階でこちらから隠さずに
自分のことを話していきましょう。


こちらから自分のことを話さなければ
相手の方も自分のことを話そうとはしません。


もしくは、相手の方が一生懸命自分のことを話しても
こちらが自分のことを話さなければ


相手の方は疲れてしまい、
別の方のもとに行ってしまいます。


ですので、相手の方がどんな方であっても
こちらから自分のことを打ち明けていきましょう。


嫌だとか価値観が合わないとか思えば
その時点で終了にしても問題ありません。


無理に自分の気持ちを殺したまま一緒にいても
辛いだけですから。

他人のことよりも自分のことに意識を向ける


あの人があんな風に変わってくれたらとか、
あの人がああいう行動をしてくれたらと
他人に期待しても意味がありません。


なぜなら、我々は自分以外の問題を
コントロールすることができないからです。


他人の問題は当事者しかわかりませんので
こちらが何かととやかく言っても
なかなか受け入れてもらえません。


相手の方との信頼関係が出来上がっていれば
相手の方もこちらからの助言を受け入れてくれますが、


相手の方との全く信頼関係が築いていない状態では
相手の方から反発されるだけです。


相手の方と信頼関係を築くためにも
まずはこちらから自分のことを明かしていきましょう。


もちろん、こちらのことを何でもかんでも
明かしていいのではありません。


話したくないと思うことは無理に
話す必要はありませんし、


自分の黒歴史の話を無理に話しても
相手の方に悪い印象を持たれるだけです。


話しておきたいことや大事なことを
きちんと話していけばいいのです。


例えば、婚活なら結婚後の話や結婚までに
やっておきたいことなどです。


自分が話したいことを決めるのは
自分でコントロールできます。


また、自分の将来の姿や自分の価値観も
自分で決められます。


自分のことに意識を向けて他人の問題に
あまり深い入りしすぎて自分が絶対に
この人を助けるんだと思わないようにしましょう。


他人の問題に深入りしすぎては
自分で自分の首を絞めることになります。


ですので、自分でどうにかできる部分だけに
意識を向けていきましょう。

まとめ


人は誰しも他人からの評価を
気にしてしまうことがあります。


他人からの評価がなければ他人に
貢献することはできませんし、
他人に好かれることはありません。


しかし、過剰に他人の評価を気にしている状態では
健全な状態とは言えません。


なぜなら、他人の評価を過剰に気にしている状態では
本来の自分を出すことができないからです。


本来の自分を出せない状態では
一緒にいても居心地が悪いため、
居心地の悪さが相手の方にも伝わってしまいます。


ですので、一緒にいるのが苦しい方一緒にいるのではなく、
一緒にいて楽しいと思える方と過ごしていきましょう。


一緒にいて楽しいと思えれば
相手の方にも楽しさが伝わっていき、
相手の方と良好な関係を築くことができます。


あの人と一緒にいると嫉妬されるなどの
他人の評価を気にしすぎてしまって


無理をして自分に合わない方と一緒にいることなく
自分が一緒にいたいと思う方と一緒にいましょう。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

夢を叶えるために必要なメルマガ登録はこちら