人にしてもらってばかりで何もしなくては誰からも相手にされなくなる

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は人にしてもらってばかりで何もしなくては誰からも相手にされなくなるというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

感謝の気持ちがなければ傲慢になる

いつも誰かに何かをしてもらってばかりいている状態では嫌われ者になってしまいます。

そして感謝の気持ちがなければなおさら嫌われ者になっていくのです。

誰かからしてもらうことに満足しているようでは王様気分になって偉そうな態度を取るようになります。

王様気取りの態度を取ってしまえば嫌われ者になることは言うまでもありません。

誰かにしてもらってばかりでこちらから何か他人に価値を提供できなければ嫌われて当然なのです。

障がい者の中には自分を助けてもらって当たり前だと思っている方がいるのも事実なのです。

電車やバスなどの公共交通機関で車いすだから乗り降りするのを手伝うのが当たり前という傲慢な態度を取っても手助けをしてくれるでしょう。

相手の方は露骨に顔には出さないものの嫌そうな気持ちで手助けします。

酷い場合、もう2度と来て欲しくないと思われてしまいます。

もしこれが職場などの毎日顔を合わせる場でしたら、自分から居場所を無くしていくことになります。

最悪の場合、自ら自主退職することになります。

傲慢な態度を取る方は障がいの有無に関係なく嫌われ者になります。

たとえ障がいがあっても傲慢な態度を取ることは許されることではありません。

何か他人からしてもらったら当たり前だと思うことなく感謝の気持ちを述べましょう。

もちろん、自分がされて嬉しいと思えたときで大丈夫です。

恩着せがましいと思えることに関しましては無理をして感謝の気持ちを述べる必要はありません。

人がしてくれることを当たり前と思うと痛い目に遭う

感謝の気持ちがなく他人がやってくれて当たり前だと思ってしまえば誰からも相手にされなくなります。

やってくれて当たり前だと思っているだけで偉そうに見えます。

態度も他人を見下した態度を取るようになります。

見下された側からすれば面白くありません。

そして、2度と関わりたいと思われません。

他人がなぜ助けようとするのか、助ける理由を考えると色々あります。

単なる自己満足なのか、見返り目的なのか、本気で助けたいと思っているのかなど様々です。

しかし、他人がどんな理由であれ、助けてくれたことに対しては感謝の気持ちを述べることです。

特に見返り目的の方は承認欲求が強いため気持ちを込めなくてもいいのです。

感謝の気持ちを言わないとトラブルに巻き込まれます。

ですので、面倒なことに巻き込まれないためにも感謝の気持ちを込めなくてもいいのです。

とにかく感謝の言葉を口にしましょう。

面倒な方に対しては感謝の気持ちを言葉にしたくないなと思うでしょうが我慢しましょう。

相手の方がこちらに対してやる理由がどんな理由であるにせよ感謝の気持ちを言葉にしておく方が今後の展開が悪いものにはなりません。

面倒なことに巻き込まれなくていいというメリットもあります。

感謝の気持ちを込めなくてもいいので言葉にしておきましょう。

苦手な方を上手くかわしていくのも上手な生き方のひとつです。

他者貢献の精神を忘れないこと

他人から何をしてもらったらこちらからも他人に貢献していくことです。

貢献すると言ってもそんなに難しいことではありません。

こちらができることで貢献していっても大丈夫です。

何をすればいいのか分からない方は困っている様子を見かけたらこちらから手助けしにいくことです。

もしかしたら断られるかもしれません。

しかし、どう捉えるかは相手の方が決めることであってこちらが決めることではありません。

相手の方の反応まで気にしてしまいますと何もできなくなってしまいます。

こちらが助けが必要かなと思ったから助けたという気持ちで大丈夫です。

こちらから積極的に行動していくと現実が変わっていきます。

そして、あなたに対する周囲からの目も変わっていきます。

もしかしたら何か下心があるのではと思われるかもしれません。

あなたの行動が偽善であってもいいのです。

とにかく他人に対して役に立ちたいという気持ちがあれば他人からどう思われても気にしなくなります。

こちらの行為に対して他人がどう受け取るのかは他人の問題です。

こちらの行為がどう受け取られるのかまで気にする必要はありません。

他人からしてもらったら当たり前という考え方では誰からも相手にされなくなってしまいます。

こちらから他人に貢献する気持ちを忘れずにいましょう。

他人に貢献するにはこちらができることであれば何でもいいのです。

こちらができることを他人に貢献していきましょう。

こちらがやったことに対して他人がどう思うかまで気にする必要はありません。

他人に対して遠慮なく貢献していくことです。

まとめ

いつも誰かに何をしてもらうことが当たり前だと思っている限り誰からも相手にされることなく孤立してしまいます。

感謝の気持ちを無くしてしまっては傲慢な性格になってしまうのです。

そして、自ら嫌われ者になってしまいます。

ですので、他人から何かしてもらったら感謝の気持ちを言葉にしていきましょう。

感謝の気持ちを言葉にすることによって、他人の気分が良く成るのは当然です。

実は他人だけでなく自分に対しても気分が良くなっていくのです。

また、他人に対して貢献する姿勢を忘れないことです。

貢献するにはどうしたらいいか分からないと思う方もいるでしょう。

しかし、あなたができることで貢献していくことです。

あなたができることで貢献していくことは難しいことではありません。

助けたいと思ったらあなたが助ければいいのです。

そして、あなたの行為に対して他人がどう思うかは他人が決めることです。

あなたが他人からどう思われているかを深く気にする必要はありません。

他人に感謝の気持ちを持つことが重要なのです。

そして、他人に貢献する精神を忘れずにいましょう。

そうすればあなたは他人から必要とされる存在になっていきます。

他人から必要とされれば自己肯定感も上がっていくのです。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました