不安を抱えてしまったら不安を明確にすると対策を立てられる


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は不安を抱えてしまったら
不安を明確にすると対策を立てられる
というテーマでお話しします。

見えない不安ほど怖いものはない


不安を明確にしなければいつまで経っても
不安への恐怖心はなくなることはありません。


不安を放置することは見えない相手によって
苦しめられることと同じ事であり、
ますます不安によって苦しめられます。


不安を明確にすることで不安への対処方法も
考えることができるようになります。


不安だ不安だと言ってばかりで
不安要素と向き合っていかない限り、
不安は消えることなく何も進展がありません。


たとえ不安であっても
何が不安なのかを探していかない限り、


見えない不安に悩まされて
ばかりの状態のままです。


不安なことを明確にするためにも
何が不安なのかを言葉にしていくことです。


言葉にすることによって
不安なものの正体がわかってくれば
不安に対して対策を立てることができます。


見えない敵と戦うことは
誰でも勝てる気はしませんが、


目に見える敵であればどんな風にして
戦っていくのか作戦を立てられます。


見えない敵を見えるようにするためにも
一度何が不安なのかを
言葉にしていくことです。


不安要素を明確にすることは
自分自身と向き合うことですので
非常に苦しくなるでしょう。


しかし、自分自身と向き合えることができれば
自分自身を成長させることができます。


不安要素を言語化して
不安要素を明確にしていき、
自分自身と向き合っていきましょう。

不安要素と向き合う方法


不安要素は言語化していくと
何に対して不安なのかがわかってきます。


言語化するには実際に他人に
話してみるのも手段のひとつですし、
自分で紙に書いてみるのも手段のひとつです。


不安要素を言語化していくことで
不安要素の正体を見つけられます。


不安要素を見つけていこうとすると
自分の中にある見たくないものを
見なくてはならなくなります。


誰しも自分の中にある
見たくないものは本能的に
見たくないと拒否してしまいます。


しかし、見たくないものを
無理矢理にでも見ようとしない限り、
あなたの不安と向き合うことはできません。


私でも自分の中に
見たくないものを持っていますが、


嫌でも見て向き合っていかなくては
成長できないことを
痛感したことがありました。


私の場合、キックボクシングの
厳しい練習をすることがとても嫌でしたし、


厳しい練習をしなければ
試合に勝てないことも知っていました。


にもかかわらず、痛い思いを
したくないという気持ちから厳しい練習に
対して拒否感を持っていました。


人は誰しも嫌な思いをしてまで
成長したいとは思っていませんが、


あえて嫌な思いをしなければ
他人に差を付けられないのです。


今もし辛い状況にいるのであれば
あなたの不安と向き合うチャンスだと思って
あなたの不安に立ち向かっていきましょう。


その不安と立ち向かって
克服していくことができれば
成長した自分に出会うことができます。

不安の対処方法を考えていく


自分の中にある不安が明確になれば
後は不安に対しての対処方法を
考えて実行するだけです。


ただ対処方法を考えただけでは
何の成長もないのは言うまでもありませんし、


実行に移さなければできた部分も
できなかった部分もわからないままなのです。


自分の中にある不安と向き合うことができれば
不安の対処方法を実行に移すことは
決して難しいことではありません。


不安と向き合えただけでも
自分を称賛できる価値がありますし、


不安の対処方法の質も
高いものになっています。


自分の不安と向き合わないまま
対処方法を考えても漠然とした
対処方法になっているため


実行に移していくにも
どう実行すればいいのかわからないのです。


どう実行すればいいのか
わからなければ当然、


不安は消えることなく
残ったままになっています。


不安を明確にできたなら不安の
対処方法を何度でも実行していき、
不安要素を減らしていくことです。


ただし、不安要素は完全に
消すことはできませんし、


完全に消そうとすれば
逆に手段と目的が変わってしまい、
不安はより大きくなってしまいます。


ですので、ある程度の不安要素は
残っていても仕方がないと割り切って
本番に臨んでいきましょう。


不安要素の中でも自分でコントロールできる
不安要素にだけ対処していきましょう。


他人や自然現象など自分では
コントロールできないものに対しては
ある程度対策を立てたら


あとは何とかできると
開き直っておくことです。


コントロールできない不安要素を対処しようと
しますと逆に行動できなくなります。

まとめ


どんなに優れた人物であっても
不安を抱えていますし、


全く不安がない方は
この世界には存在しません。


ですので、不安な感情を持つことは
当然のことだと思っておくことで
不安に対する恐怖心を減らしていけます。


不安要素が明確にできないから
不安に対して恐怖を抱くのであって、


不安の正体がわかれば
対処方法を立てられます。


しかし、不安要素を明確にすることは
自分と向き合うことになりますので
決して簡単なことではありません。


なぜなら、あなたが見たくないと
思っていることを無理矢理にでも
見なくてはならないからです。


もちろん、心身ともに健康でなくては
あなたが見たくないと思っていることと
向き合うことができません。


心身が健康でなくては向き合うことが
できずに自己否定感を上げてしまいます。


心身が健康であることが
不安要素と向き合う前提ですので、


心身が健康でなければ心身ともに
健康にすることから始めることです。


そして、不安要素の中でも
自分でコントロールできるものだけ
対処していくことです。


自分でコントロールできない不安には
実際に発生したら対処する
気持ちでいれば大丈夫です。


自分の気持ちと向き合って
不安要素を減らしていきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました