他人を馬鹿にすることは自分を馬鹿にすることと同じ理由


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は他人を馬鹿にすることは
自分を馬鹿にすることと同じ理由
というテーマでお話しします。

悪口は自分に対して言っていること


他人をけなして悪口を言っていると
他人に対して悪口を言うのと同時に
自分に対しても悪口を言っているのです。


なぜなら、人間の脳は発した言葉が誰に
対して言っているのかまで認識できないので、


他人に対して悪口を
言っているにもかかわらず、


脳は自分に対して悪口を
言っていると認識してしまうからです。


例えば、相手の方に対して「馬鹿だな。」と
言ってしまえば脳は「私は馬鹿なんだな。」と
認識するということです。


そして、悪口を言っている本人の
心の状態も悪くなってしまい、
自分の心身も悪くなってしまうのです。


悪口を言うと自分にも他人にも
何のメリットもないので悪口を言うこと
自体が時間と労力の無駄なのです。


悪口を言うの習慣をやめていかない限り
自分に対して何のメリットも
生まれないのです。


悪口を言っている本人も心が
乱れているため心身も健康ではありません。


心身共に健康であれば悪口を言う発想もなく、
自分のやりたいことに集中できています。


悪口を言う方は単なる暇人であり、
自分に対する向上心もなく
自己否定感が強いのです。


悪口を言うだけで他の方々からも
哀れみのある視線で見られ、
自分に対しても惨めさを感じてしまいます。


悪口を言う方は他人の悪い部分だけでなく
自分の悪い部分ばかり見てしまいます。


だから自己否定感が高い方が
悪口が多いのであって、
自己肯定感が高い方は悪口は言わないのです。


自己肯定感が高ければ他人のいい部分を
見つけて評価しています。

まずは自分の心を満たしていく


悪口をやめていくにはまずは自分で自分の事を
満たしていくことから始めるのです。


なぜなら、自分の心が貧しいから
他人に対して誹謗中傷したり、
悪口を言ってしまうのです。


悪口ばかり言ってしまえば次第に周囲から
嫌われ者として見なされていき、
孤立した人生を送ることになります。


ですので、悪口をやめるためにはまず、
自分の気持ちに正直になることから
始めて行くことです。


自分の気持ちに正直になるためにも
自分がやりたいと思うことを禁止する
ことなくやってみることです。


自分で自分の事を満たせるようにならない限り
悪口をやめることはできませんので、


自分で自分の事を満たせるようになれば
他人に対して優しくなれます。


他人に優しくなれるということは
他人に貢献したいという気持ちもあるため
他人との好循環を生み出します。


一方、他人に悪口を言ってしまうだけでも
あなたの向上心をなくして、


無気力になっていくので
他人に対して攻撃的になってしまいます。


例えば、他人のやりたいことに対して
そんなのできっこないと言ってしまえば


自分に対してもできっこないと
言い聞かせているのです。


たとえ言ったことと思ったことが違っていても
自分から向上心を奪っているのです。


孤立した人生を送らないためにも
自分だけでなく他人を傷つけないためにも
悪口をやめるよう心がけていきましょう。


悪口をやめるために自分で自分の事を
大事にしていくことを優先していきましょう。


自分の事を大事にできるようになれば
他人に対して優しい態度を取れる
ようになっていきます。

悪口をやめると自分の心が豊かになる


悪口を言わなくなれば
自分の心が満たされるだけでなく
他人との関係も良くなっていきます。


悪口を言わない状態とは自分で
自分の事を満たしている状態であり、
自分の気持ちに正直になっている状態です。


自分の心が豊かなので
他人に対して悪口を言うことなく、
他人に貢献していきたいと思っているのです。


悪口をやめるためにもまずは自分で
自分のことを満たすことに
全力を出すことです。


あなたが楽しそうにしていなければ
他人も楽しい気持ちにはなれませんので、


他人に優しくなれない時はあえて
他人と関わらないようにするのもひとつです。


暗い気持ちやネガティブな思考が多い場合、
まずは自分の心を豊かにすることを
最優先に考えていきましょう。


自分の心が豊かになっていくと
物事の見方が変わっていき、


たとえ悪い出来事が起こっても良かった部分に
目を向けられるようになります。


良かった部分に目を向けると
悪い出来事がそれほど悪いと
思えなくなります。


しかも、良かった部分を見つけられる
ようになればどうすれば


もっとよくなるのかを
考えられるようになるため
さらに質の高いものになっていきます。


自分の心を豊かに出来ると悪い部分も
いい部分も両方とも
受け入れられるようになります。


自分の心が貧しいと
悪い部分しか受け入れられず、
物事を悪く考える傾向が強くなります。


ですので、他人を馬鹿にしても
何のメリットもありませんので、
他人を馬鹿にすることをやめておきましょう。

まとめ


他人を馬鹿にすることはあなたにとって
何の利益も生み出すことはないのです。


むしろ、大きな損失になってしまいますので
他人を馬鹿にすることはやめていきましょう。


他人を馬鹿にしなくなるには
あなたが自分を満たしていくことから
始めていくことです。


あなたがやりたいことを禁止することなく
遠慮することなくやってみるのです。


禁止してしまうのであれば禁止して
しまう原因を追及していくことです。


原因が分かれば後は原因を解決していくという
単純な答えになってしまいます。


あなたが他人を馬鹿にすることをやめれば
他人から好かれる人生に変わっていきます。


時にはイライラしてしまうときも
あるでしょうが、


そんなときでも良かった部分を
見つけていくことです。


良かった部分が見つかるようになれば
イライラも収まっていきます。


もちろん、良かった部分を
見つけられるようになるには自分の心が
満たされている事が必須です。


ネガティブな思考や言葉が
多くなっているときは自分で自分の事を
満たすことを最優先に考えていきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました