他人への誹謗中傷が多い方の心理


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は他人への誹謗中傷が多い方の心理
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

自分の心か満たされていない


まず、他人への誹謗中傷が好きな方は
自分の心が満たされていません。


自分の心が満たされていないから
何かをやっている他人が羨ましく思えてしまいます。


例えば、結婚したいと思っていても
結婚式を挙げた他人のSNSの投稿を見れば
嫉みや嫉妬してしまいます。


また、自己評価が低い人も誹謗中傷が大好きで、
芸能人や政治家などの不祥事を見つけたら
ハイエナのように群がって袋だたきにします。


誹謗中傷をすることで
自分の低い自己評価から逃げて、


さらに弱っている者を痛めつけて
快感を得ようとしています。


同時に弱っている者を痛めつけることによって
自分の方が弱っているものよりも優れている
という優越感に浸っています。


もし、自分の心が満たされていれば
芸能人や政治家などの不祥事には目もくれず、
自分がやりたいと思うことに打ち込んでいます。


そして、他人を誹謗中傷する時間が
もったいないと思ってしまうので、
他人を誹謗中傷することはありません。


また、他人を誹謗中傷すると
自分も誹謗中傷されることも知っています。


つまり、他人を誹謗中傷する人は
過去に自分自身が他人から誹謗中傷された
経験があります。

一方で心が満たされている方は
自分がやったことは必ず自分にも
跳ね返ってくることも知っています。


そのため、他人を非難しても意味がないと思い、
他人を非難している方を哀れんでいます。


そもそも、誹謗中傷された経験がなければ
誹謗中傷しようとは思いません。

スポンサーリンク

自分への禁止ルールがある


誹謗中傷する方の特徴として
自分への禁止事項があります。


例えば自分は幸せになってはいけないという
ルールを作ってしまった場合、


幸せそうにしているカップルや家族を
町で見かけると猛烈に嫌気がします。


そして、彼らに対する強い憎しみが生まれ、
彼らが不幸になったらざまあみろと嘲笑うのです。


また、ダイエット中で食事制限をしている方
が自分が食べたいと思っている食べ物を
他人が食べていると猛烈に腹が立ってしまいます。


自分で自ら課して体重制限のある試合に出る方などは
腹が立つことはありませんが、


他人から無理矢理ダイエットを
課せられている方は腹が立ってしまいます。


自分への禁止事項があれば
他人がやっていることに対して
腹が立って誹謗中傷します。


ただし、犯罪を犯してはならない
という禁止事項は人間として
健全な禁止事項ですので、


この禁止事項がなかったらその方に
人間らしさはありません。


ですので、禁止事項があること自体は
悪いことではありませんが、
過度な禁止事項は他人に誹謗中傷をしやすくさせます。


今のあなたに課している禁止事項は
健全なものかどうか確かめてみましょう。


健全な禁止事項であれば持っていて、
どうでもいい禁止事項や必要性がない
禁止事項は解除しましょう。


過度な禁止事項は自分で自分の首を
絞めることにつながります。

スポンサーリンク

本当は自分がやりたいと思っている


本当は自分がやりたいことを
他人がやっていると誹謗中傷する傾向があります。


例えば、本当は結婚したいのに
他の方の結婚報告を聞くと無性にイライラして、


そんな奴と結婚したらお前の人生が
終わるなどの誹謗中傷をします。


もし、自分が結婚していれば
素直に他人の結婚を祝福することができます。


自分にないものを他人が持っている時も
同じように誹謗中傷をする傾向にあります。


自分が好きだった異性が他の方と交際していると
そんな奴と別れて私と交際しろという心理が
典型的な例です。


自分が付き合いたいから
自分が好きな方の交際を妨害するのです。


以上が誹謗中傷する方の心理について
様々な例を用いて紹介してきましたが、


誹謗中傷する方は何だか可哀想だなと
思った方もいると思います。


そうです。誹謗中傷する方は自身の器が
小さい可哀想な方なのです。


誹謗中傷する方とまともに張りあっては
意味がありません。


無理に同じ土俵に立って喧嘩をしても
こちら側がただ疲れ果ててしまうだけです。


誹謗中傷する方は次第に周りから疎遠になっていき、
やがてひとりぼっちになります。


なぜなら、誹謗中傷する方と一緒にいるだけで
疲れてしまうからです。


自分の心を乱さないためにも誹謗中傷する方とは
距離を取って怒らせない程度に付き合っていきましょう。


理想を言えば関係を断ち切ることですが、
仕事などではどうしても断ち切ることができないので
こちらからは近寄らないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ


今回は誹謗中傷する方の心理について紹介してきました。
どんな世界にいてもこちらが何かを
やろうとしたときに誹謗中傷する方がいます。


しかし、誹謗中傷をする方は結論から言ってしまえば
自分が満たされていないと自己主張しているのです。


ですので、もしあなたが誰かから誹謗中傷されても
この人は私のことを羨ましいんだなとか
愛されていないんだなと思ってしまいましょう。


誹謗中傷する方と同じ土俵に立って喧嘩をしても
こちらの心が無駄に傷つくだけです。


こちらが傷つかないためにも誹謗中傷する方は
相手にしないでおきましょう。


そうは言っても仕事などでどうしても
切り離せないこともあります。


仕事などでは最低限の接触だけにして
こちらからは深く関わらないことです。


仕事などで無理に切り離そうとしては
仕事がうまくできなくなってしまいます。


もし、仕事でこちらが誹謗中傷されて困ったら、
仕事の上司に相談して対応しましょう。


こちらから直接話をしても聞く耳を持っていないので
話をするだけ時間の無駄です。


ですので、自分1人で抱え込むことなく
上司に相談して対応しましょう。


こちらが夢を叶えようとする際に
誹謗中傷する方はいますので誹謗中傷を真に受けずに
受け流していってください。


余計なことに時間を取られず、
自分の夢に向かって進んで行きましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要な心構えという


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました