他人を大事にしない人は遅かれ早かれ滅んでいく運命にある


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は他人を大事にしない人は
遅かれ早かれ滅んでいく運命にある
というテーマでお話しします。

他人を悪くいう人は自分にも跳ね返ってくる


人の悪口が多い方は一見、
他人を見下すことによって自分が
優位に立っているように思われますが、


実は悪口は自分に対しても
悪く言っているのです。


なぜなら、悪口を言うことによって
自分に対しても同じように
脳に刺激されるからです。


例えば、他人を侮辱する言葉を言えば
自分が気づかない間に自分の脳を
刺激させて自分を侮辱しているのです。


もしかしたら、嘘だろうと思う方が
いるかもしれませんが、


他人の悪口を言ったときに自分でも
悪い気分になった経験はありませんか?


その悪い気分になった経験が
自分の悪口が自分の脳を
刺激している何よりの証拠です。


自分から人に罵声や怒号を
浴びせることで他人だけでなく


自分自身も傷つけてしまうため、
他人に対して悪口を
言うのはやめましょう。


だからといって、
他人から腹が立ったことに対して
我慢をしろというのではありません。


本当に嫌なことを言われた時に対しては
嫌だと主張して悪口を言う人から
離れていくようにするのです。


実際に普段から楽しいことばかり
口にしている方は他人の悪口ばかり


言う人と一緒にいるのが居心地が悪くて
離れていく傾向があります。


楽しいことばかり口にしている方は
他人を楽しませること


ばかり口にしているため
周囲に人々がドンドン集まっていきます。


そして、自分の脳にも楽しいという
快楽をもたらしているため、


自分自身にも楽しい気持ちに
なっていきます。


ですので、他人を傷つけるような
罵声や罵倒をするよりも


他人を認める感謝の気持ちや
褒め言葉を使っていった方が
他人のためにも自分のためにもなります。

自分を大事にしていない


他人を大事にしていない人は
他人だけではなく自分も
大事にできていません。


なぜなら、過去に味わった
嫌な経験を自分だけが味わっていて、


他人が味わっていないことに対して
不公平だと思っているからです。


自分が過去にされた嫌なことを
他人にも同じように味わってもらわないと


気が済まないので他人にも
同じ嫌な事をしてしまうのです。


そして、他人から嫌われていき
次第に周囲から孤立していくのです。


自分がされた嫌なことを
他人にもするという悪循環によって


自分から自分のことを
大事にしなくなっているのです。


こんな悪循環を断ち切るには傷ついた
自分自身を癒やしていくことです。


自分自身を満たしていくには
まずは今の自分を満足させていくことから
はじめていくのです。


例えば、いつもよりも
値段の高い店で外食をする。


休日は少しだけ遠くの場所で
のんびりと過ごす。


普段やりたいと思っていたが、
なかなかやれずにいたことを


やってみるなど自分で
自分を楽しませていくのです。


自分で自分を楽しませることが
できるようになれば他人に対しても
傷つけることはしなくなります。


もし、今の人生は
楽しくないなと思いましたら、
まずは自分で自分を楽しませることです。


自分の内なる心に目を向けて
どんなことがやりたいのか
心の声を聴いて、


反発することなく
受け入れていくことです。


自分のことを楽しませることが
できるようになることで自分を
大事にできるようになっていきます。

自分を大事にできるようになれば他人も大事にできる


自分のことを
大事にできるようになれば


他人のことも大事にできるように
なっていきます。


他人のことを大事にできるようになれば
他人に対して思いやりや優しさのある
言葉をかけれるようになります。


本当の意味で優しい人は
自分に対しても優しくなれる人であり、


決して自己犠牲をして
他人を救おうとする人ではありません。


自己犠牲というのは
自分の身を犠牲にして他人を救うことで


かっこいい存在だと思われたいという
エゴが入っているため、


自己犠牲では自分に対して
優しくなれません。


さらに、自己犠牲をして
他人が自分を称賛してくれなければ
他人を逆恨みしてしまい、


結果として、負の方向に
走っていくことになってしまいます。


従って、自己犠牲というのは
単なる自分のわがままで


しかも認められたいという
下心が含まれているのです。


私もかつては自分のことを大事にできず、
他人が認めてくれないことに対して
腹を立てていた時期もありました。


しかし、他人が認めてくれないこと
に対して腹が立っている自分を


知人が客観的な視点から見て
教えてくれた時、
非常に恥ずかしくなってしまいました。


他人が同じことをやっていたら
滑稽に思えたことを自分がやったら
滑稽に思えなかったからです。


他人を大事にできなければ
遅かれ早かれ自分で自分の身を
滅ぼしていくことになります。


他人からの態度が
なんだか冷たいなと感じましたら


自分が他人に対して冷たい態度を
とっているサインです。


そのサインを見逃すことなく
自分の態度を見直して自分を大事にして
改善していきましょう。

まとめ


他人を大事にしない人や企業は
遅かれ早かれ滅んでいく運命にあります。


というのは、私が新卒で就職した企業は
パワハラに未払い賃金、


そしてリストラと様々な
酷いことを私にしてきました。


そして、その末路はというと
私はその企業を労働審判で訴えて、
その数年後には倒産していました。


この経験から他人を大事にできない
企業や人は滅んでしまうことを
身に染みて感じました。


他人を思うがままに操りたいと
思っている人もいずれは


自分が知らない間に操られて
滅んでしまうでしょう。


もし、この世界に残っていける
存在になりたいのであれば


他人対して優しさをもって
大事にしていくことです。


つまり、他人に対して誠意を
もって貢献していくことです。


他人に貢献できるようになるには
まずは自分に対して貢献できるように
なることです。


自分に貢献するためには
自分に対して優しくなることです。


自分に対して優しくなれれば
他人にも優しくなって
周囲に人々が寄ってくるようになります。


まずは自分で自分に
優しく接していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

夢を叶えるために必要なメルマガ登録はこちら