クレクレ言ってばかりいないで自分から貢献すると味方が増える


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回はクレクレ言ってばかりいないで
自分から貢献すると味方が増える
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

こちらから与えないと嫌われ者になる


いつも誰かにあれやって
これやっては言うものの自分からは
他人に対して何もしない方は身近にいませんか?


実は他人からもらってばかりいて
自分から他人に与えようとしなければ
自然と嫌われ者になってしまいます。


なぜなら、他人から貸しばかり作っていて
こちらから借りを返していかなければ
他人の不満が募ってしまうからです。


他人からしてもらうことが当たり前だと認識し、
自分から他人に貢献するのは嫌だという
発想では単なるわがままに過ぎません。


嫌われるタイプは例えば他人からすぐ
にお金を貸してくれと言いながら
こちらからはお金を返済しようとしない方。


自分から頼み事をしながらも
他人からの頼み事を引き受けない方などです。


嫌な顔をする理由はお金や自分の力を
他人に与えたくないというケチな
発想を持っているからです。


特に貯金残高を眺めるのが好きな方は
お金を支払う場面になると


目標金額にいかなくなるから
嫌だと言って断って、
代わりに全額支払ってくれと命令するのです。


お金を使わなければ飲み会や異性との
デートなどの人付き合いもしなくなり、
コミュニケーション能力も低下していきます。


また、お金を支払わないということは
病気が悪化しても病院に行くのも渋ってしまうため、
結果的により高額な請求書がやってきます。


お金を健康のために使わないため
予防医療を受けることなく、


重症化してから救急車で
病院に強制的に運ばれる
結果になってしまいます。


もちろん、お金の無駄遣いは推奨しませんが、
必要な場面でお金を
使わないのも推奨しません。


こちらから他人に何も与えなければ
ケチな人だと思われてしまい、
誰にも相手にされなくなります。


そしてケチな行動のしっぺ返しは
自分自身にも跳ね返ってきます。


他人から何かしてもらったら
感謝の気持ちを言葉にしていきましょう。


もし恥ずかしがって言葉にしないのであれば、
相手の方に誤解を招いてしまうので、


恥ずかしがらずに感謝の
気持ちを言葉にしましょう。


感謝の気持ちを言葉にしますと
自分の気持ちも満たされていきます。

クレクレ言う方は単なる自己中心的で嫌われ者


何かくれ、何かくれとクレクレばかり
言っている方はケチな印象を持たれます。


しかも、クレクレ言う方は無料という言葉が
大好きで無料お試しセットは注文するものの、
継続契約は絶対にしません。


また、返金制度があれば
必ず返金を希望するため、
売り手にとっては迷惑な存在です。


例えば女性は月会費無料としている
マッチングアプリが数多くあり、


これらの安い出会い系アプリでは
犯罪被害に遭う確率が上がってしまい、


タダより怖いものはない
という状態になります。


本気で素敵な男性に出会いたいと願う女性は
たとえ月会費が高額であっても
支払って本気で活動します。


お金を使わない変な節約志向では
夢は叶うことなく遠ざかっていきます。


もし、クレクレ言う方が
たとえ高額な金額を支払っても


こっちは高い金額を支払ったんだから
このくらいのサービスはしろと


売り手に滅茶苦茶な要求をしてくる
いわゆるモンスターカスタマーです。


モンスターカスタマーでは売り手から
ブラックリストに載せられて
他の売り手に情報が知られてしまいます。


つまり、誰かに何も与えることなく
ただ単にクレクレとワガママ言っていては
誰からも相手にされなくなってしまいます。


他人から何かしら
与えられるのを待ってばかりいて、


自分から何も与えようとしなければ
単なる自己中心的な方だと
見なされてしまいます。


しかも、クレクレ言う方は他者依存のため、
他人の行動を常に気にして、


他人を自分の思い通りに
しようと考えています。


嫌われ者になりたくなければ
他人にクレクレ言うのをやめて自分から
他人に貢献していくことです。

自分から行動して貢献していく


他人からクレクレともらうことを
期待する代わりにこちらから他人に
与えていくことが好かれる条件です。


もちろん、自分のことを大事にしないで
他人に依存する自己犠牲ではなく


自分も他人も大事にする貢献を
していくことです。


本当はやりたくないと思っていることで
他人を助けようとしても自分の中で


嫌な感覚を持ってしまうので
自己犠牲では長く続きません。


一方、貢献の場合、自分がやりたいと
思っていてなおかつ自分の中でもやりたい
という感覚を持っているので長続きします。


しかも、生き生きしている姿が他人から見ても
魅力的ですので他人からも喜ばれます。


他人にクレクレとせがむよりもはるかに
他人に好かれる人生を送ることができます。


他人からクレクレばかり言って
他人に依存する人生を送っていますと


自分から何も行動できなくなり、
ただボンヤリと過ごしてばかりいる
日々を過ごすことになります。


恋人が欲しいからといって異性を
紹介して欲しいと知人に異性をクレクレ言って


いるようでは恋人は当然できませんし、
知人からも嫌われてしまいます。


本気で恋人が欲しいなら自分から異性が
大勢いる場所に自分から行くことです。


クレクレと他人から何かを求めている姿勢では
本気で取り組んでいない何よりの証拠です。


本気でこうなりたい、
本気でこうしたいと思うことがあるなら
自分から行動して経験を積んでいくことです。


何かクレクレの受け身の姿勢から
自分から行動していく主体的な
姿勢に変えていきましょう。


自分から行動して主体性のある
人生に変わっていけば応援してくれる
味方も増えてきます。


本気で自分から行動して貢献していくと
味方も増えて結果として夢が実現します。

まとめ


クレクレと言っている方が周囲にいましたら、
相手にすることなく
無視してしまうのが得策です。


もし、ご自身がクレクレが口癖になって
いましたら今日から改善していきましょう。


クレクレ言っている限り、
他者依存の状態ですので、


主体性のない人生を送ることに
なってしまいます。


また、クレクレ言う方は意外にも
他人の評価を気にしています。


なぜなら、自分から行動して失敗して
笑われることを恐れているからです。


クレクレ言わないようにするには
他人の評価を無視して自分から
積極的に行動していくことです。


例えば、異性との出会いが欲しいなら
他人からの紹介を求めるのではなく
異性がいる場所に自ら行くことです。


そこで異性との出会いから
交際に発展しなくてもいいので、


とにかく数多く異性がいる場所に行って、
そこから好みの異性を見つけていくのです。


他人からの紹介ではうまくいかなかった際に
紹介してくれ方に責任を転嫁してしまいます。


責任転嫁では当然嫌われ者に
なってしまうので、


失敗を恐れることなく
主体的に行動しましょう。


失敗を恐れずに挑戦し続けていくと
その情熱から味方が増えていきます。


他人にクレクレ言う代わりに
他人に貢献していくと他人から
信頼を得られて味方になってくれます。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました