自分の視点だけで行動すると夢は叶わない


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は自分の視点だけで行動すると夢は叶わない
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

主観だけではわからないことだらけ


主観で物事を考えていては気づかないことばかりです。
自分の視点では自分の都合の


いいように解釈してしまうため1つの視点でしか
物事を見れなくなってしまいます。


そのため、導き出せる答えも視野が狭くて、
時間がかかってしまいます。


たとえ答えを自力で導き出せたとしても
視野が狭い答えであるため、
なかなか解決するのが難しいでしょう。


しかも、主観だけでは自分が知っている情報だけで
物事を解決しようとするため解決策を
見つけるのがとても難しいのです。


判断材料が少なくては解決しにくいのは当然のことです。


ですので、自分の視点という主観的な視点だけでなく、
第3者の視点という客観的な視点が
必要になっていきます。


第3者の視点を得ることによって
それまで自分が気づかなかった部分が
見えて新たな発想が生まれてきます。


1人で悶々と考えていても自己啓発の本を
ひたすら読んでも新しい発想は生まれてきません。


自己啓発の本を読んで自分が変われないのは
自分の知っている範囲でしか書かれていることを
解釈できないからです。


自分の知らない解釈は当然できませんし、
イメージも湧いてくることはありません。


自分が知らないことは積極的に
知っている方に聞いていきましょう。

スポンサーリンク

客観的に見てくれる相手が必要


客観的に物事を見てくれる相手がいることによって
物事に対して新しい視点で見られるようになります。


ですので、悩み事を1人で抱え込むことなく
他人に話すことによって気持ちが楽になったり、


物事の解決策がわかってくるのは
新しい視点が自分の中に入ってくるからです。


新しい視点が入ってくれば新しい考えも
ひらめいてくるようになります。


客観的に見てくれる相手はこちらが
信頼できる方がベストです。


押しつけコーチングをする方やドリームキラーなどの
信頼関係が構築できていない方の
アドバイスは無視して大丈夫です。


なぜなら、「そんなのできるわけがない。」とか、
「お前には無理だ。」と何の根拠もなく
言っているからです。


客観的な視点を得るためには
どんな方でもお願いすればいいのではありません。


たとえその方がどんなにすごい経歴や
実績を持っていたとしても


こちらが信頼できないと思ってしまえば
その方のアドバイスをもらっても
怒りがこみ上げて拒否してしまいます。


「お前は何様のつもりだ。」
「お前に何が分かる」という怒りです。


ですので、インターネット上で
こちらのことを批判されたときにイラッと
するのも信頼関係が構築されていないからです。


イラッとするときはこちらにとっては
たとえ図星であっても信頼関係が無いため
アドバイスを受け入れられないのです。


だからこそ、客観的な視点を得るには
相手との信頼関係が重要になってくるのです。

スポンサーリンク

相手との信頼関係を築いていく


信頼関係がない相手の話を受け入れるのは
とても難しく右から左に流れてしまうのが現実です。


信頼関係が出来上がっていない相手に
話してくれることはまずあり得ません。


たとえどんなに的確なアドバイスをもらえても
受け入れられることなく聞き流されてしまいます。


信頼関係がないというだけで出てくるデメリットは
先ほどの文章に書いたとおりです。


信頼関係を気づいていくにはまずは
挨拶できる関係になっていくことが大事なのです。


挨拶ができる関係であれば相手の主張も
たとえ内容が気に入らなくても
耳を傾けることはできます。


次に大事なのはこちらのことを話しても
安心感を得られるということです。


安心感を得られれるということはこちらの考えに対して
共感を持ってくれているということです。


安心感を得られればこちらもこの安心感を得られたから
話してみようかなという気持ちになります。


考えがこちらに近くなくてはなかなか話しにくいですし、
何より仲良くなりたいと思うことはありません。


ですので、親しい仲の人にしか自分の思っていることを
話したくないと思いますし、


親しくなければ一緒に遊びに行ったり
お酒を飲みたいとも思いません。


信頼関係があるからこそアドバイスを
素直に受け入れることもできますし、


時には言いたくないことも言ったり、
言われることもあります。


嫌なことを言われても信頼関係があれば
お互いに納得できる形で受け入れられたり、


ときにはぶつかることがあっても
納得して和解することができます。


ですので、客観的なアドバイスをもらうなら
信頼関係を築いていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ


自分の夢を叶えていくには
自分1人の力ではどうにもならない時が来ます。


自分1人ではどうにもならない壁に
ぶち当たってしまうときが必ず出てきます。
そんなときこそ客観的な視点が必要になっていきます。


自己啓発の本でアドバイスを見つけて
壁を乗り越えることもできますが、


自分の都合のいい解釈でしかできていないため
小さな問題しか解決できません。


大きな問題ではどんなにたくさんの本を読んでも
イメージができないことが少なくありません。


なぜなら、自分が経験したことがない事を
イメージすることはどんな方でもできないからです。


だからこそ、自分の知らないことを知っている方から
アドバイスをもらう必要があります。


しかし、誰からでもアドバイスをもらえば
いいのではありません。


こちらと信頼関係が構築できている方からの
アドバイスでなくては受け入れることが
できないからです。


知らない方からアドバイスされても
受け入れることができず、
むしろ怒りを覚えるでしょう。


インターネット上で知らない方から
アドバイスされて頭にくるのも信頼関係がないからです。


たとえアドバイスをした方がどんなに素晴らしい経歴や
実績を持っていてもお互いに信頼関係がなければ
アドバイスを受け入れることはできません。


むしろ信頼関係が構築できていれば実績や経歴がなくても
アドバイスを受け入れることができます。


信頼関係を構築して客観的な視点からの
アドバイスをもらい夢を実現していきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました