過去から未来に意識を向けていくと前に進めるようになる

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は過去から未来に意識を向けていくと前に進めるようになるというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

自分を責めるのをやめる

失敗した自分を許せないと思っていませんか?

結論から言うと、失敗した自分を責めても何のメリットもありません。

そもそも、失敗した自分を責める行為は現在ではなく、過去に意識がある状態です。

過去に意識がある状態になっていては前に進む意欲はありません。

また、失敗した自分を責めても未来への改善策を生み出そうとしません。

改善策がなければまた同じ失敗を繰り返すという負のスパイラルに陥ってしまいます。

同じ失敗を繰り返してばかりいては自己嫌悪に陥って、無気力になっていきます。

ですので、失敗した自分を責めるのをやめましょう。

意識が現在に向かう

なぜなら、失敗した自分を責めなくなると意識が過去から未来に向かうようになるからです。

未来に向かおうとするからこそ現在で失敗への対応策を考えようとします。

現在で失敗への対応策を考えるからこそ同じ失敗をしなくなるのです。

一方、同じ失敗を繰り返さないためにも過去に意識を向けるべきだという意見もあります。

確かに過去に意識を向けて反省しなくては前には進めません。

しかし、過去に長い時間意識を向けていると反省ではなく後悔に変わっていきます。

つまり、失敗した自分を責めている状態というのは後悔している状態なのです。

後悔している状態になれば前に進もうとしません。

ですので、失敗した自分を責める行為をやめましょう。

未来に意識を向ける

私もかつては失敗した自分を許せず、責めてばかりいました。

しかし、いくら自分を責めても解決策は生まれず、むしろまた同じ失敗を繰り返していました。

同じ失敗を繰り返したくないと思い、失敗した自分を責める行為をやめたのです。

失敗した自分を責める行為をやめた途端、意識が過去から現在に向かいました。

クヨクヨと後悔する代わりに未来に向かってどう改善していくのか考えるようになりました。

未来への改善を行ったことで、同じ失敗を繰り返さなくなったのです。

ですので、失敗した自分を責める代わりに未来に意識を向けていきましょう。

未来に意識が向かうようになれば前に進めるようになります。

まとめ

自己責任感を持ちつつも、過去の失敗に囚われず、未来への改善に焦点を当てることが大切です。

なぜなら、過去を振り返ってばかりいては意識が現在ではなく過去に向かっていくからです。

ですので、失敗した過去よりもこれからの未来に意識を向けていきましょう。

未来に意識を向けることで未来への計画を立て、前に進めるようになります。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました