他人から助けてもらうことを当たり前と思うと孤立していく

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は他人から助けてもらうことを当た前と思うと孤立していくというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

感謝の気持ちを忘れないこと

誰かに助けてもらうことを当たり前だと偉そうにしていては本人が気づかない間にひとりぼっちになってしまいます。

偉そうな態度を取る方を好む方は他人への依存心が強い方でない限りほとんどいません。

あなたがされて嬉しいことを他人からされたら素直に「ありがとうございます。」と伝えるのです。

あなたが「ありがとうございます。」と伝えるだけであなたも相手の方も心地よくなっていきます。

そしてあなたと相手の方との関係も良好になっていきます。

もちろん、あなたがされて嬉しくないと思うことに対しては「ありがとうございます。」と伝える必要はありません。

もし、他人からされて嬉しいと思ったにも関わらず、感謝の気持ちが伝えられない場合、自分の価値を低く見ている可能性があります。

「私のような価値がない人間に対して貢献しなくていい」と思っていますと感謝の気持ちを口に出すことができません。

ですので、嬉しいと思ったら感謝の気持ちを出していくことです。

嬉しいと思ったことを言葉にしなくては相手の方には感謝の気持ちが伝わりません。

感謝の気持ちを伝えなくてはあなただけでなく相手の方も気分が良くなりません。

もし感謝の気持ちを口にするのが難しいのであれば文面で伝えても問題ありません。

どんな手段であっても感謝の気持ちを伝えることが最優先です。

感謝の気持ちを伝えることを恥ずかしがっていては」助けるのが当たり前だと思っているんだ」と誤解されてしまいます。

もちろん、私を助けるのが当たり前だと思っている限りあなたの味方はいなくなっていきます。

当たり前という言葉を使うと感謝の気持ちがなくなる

もし、あなたが感謝の気持ちを持たなくなったら、あなたの心は真っ黒な気持ちになっていきます。

そして、傲慢な態度を他人に取るようになるのです。

考え方も「他人から助けてもらうことを当たり前だ」という他人を見下す考え方に変わっていきます。

「助けてもらうことを当たり前」という気持ちになれば感謝の気持ちがなくなるのです。

また、あなたに対して親切な行為をしない他人に対して激しく非難するようになります。

もちろん、他人を激しく非難すれば自ら自然と嫌われ者のポジションに着くことになります。

そもそも、当たり前という言葉は非常にマイナスの意味が強いのです。

当たり前という言葉を使うだけで他人を怒らせてしまうこともあります。

「そんなことやってくれて当たり前だ」という言葉もできないことに対して無価値感を押しつけているのです。

やってくれない方に対しては「何でそんなこともやってくれないんだ」という怒りの気持ちが出てきます。

もちろん、怒りの気持ちをぶつけられた方は関わりたくないと思われてしまいます。

その結果、周囲からどんどん人が離れて孤立していくのです。

当たり前という言葉を使うだけで感謝の気持ちがなくなります。

ですので、当たり前という言葉は使わないようにしましょう。

障がいがあっても傲慢な態度では誰も助けない

私は大学生の頃のスーパーでのアルバイト先でかつてこんな経験をしました。

私が接客した男性の方が足に障がい方でした。

その方が「俺は足が不自由なんだからお前あの商品取ってこい。」と言われました。

言うとおりにして頼まれた商品を取りに行きました。

もちろん、この男性から「ありがとう。」の一言もありませんでした。

もしあなたが障がいを持った方に偉そうに上から目線で言われたらきっと腹が立つはずです。

たとえその方がいなくなってもイライラしたままでしょう。

障がいの有無に関係なく傲慢な態度を取る方は嫌われる対象になります。

傲慢な方には誰も自ら進んで助けようとはしません。

車椅子の方が傲慢な態度を取っていても駅員の方などは仕事だから仕方ないと思いながら手助けをします。

人間性の悪い方は嫌われてやがて誰からも相手にされなくなっていきます。

また、傲慢な態度を取る方の老いるスピードが早まっていきます。

なぜなら、いつもイライラしてばかりいる方は神経を余計に使っているからです。

本人が知らない間にイライラして疲れていくため老いるスピードが早くなるのです。

障がいを持っているからといって助けてもらうのが当たり前という発想では知らない間に誰からも助けてもらえなくなります。

実際に私も就労継続支援A型の事業所を利用していた頃は傲慢な態度を取る利用者をたくさん見てきました。

そして、傲慢な態度を取った方は自分の思い通りにならないことに腹が立っていました。

傲慢な態度を取った方全員3ヶ月もしないうちに自ら退職されていきました。

この経験から障がいの有無に関係なく人間性に問題ある方は消えていく運命なのだと学びました。

障がいの有無に関係なく本人の人間性が最も重要であることを同時に学んだのです。

まとめ

他人から助けてもらうことを当たり前だと思っていては感謝の気持ちが出てきません。

なぜなら、当たり前と思うだけで助けてくれなかった方を非難するようになるからです。

もちろん、障がいの有無に関係なく誰からも相手にされなくなっていきます。

感謝の気持ちが出てこないということは他人に対して傲慢なのです。

そして、自分自身が満たされていない何よりの証拠になります。

自分の心が満たされていなければ他人に対して怒りをぶつけるようになります。

他人に対して怒りをぶつけばかりいては嫌われ者になるのです。

ですので、他人から助けてもらうことを当たり前だと思わないことです。

助けてもらったら感謝の気持ちを言葉にしましょう。

感謝の気持ちを言葉にすることによって相手の方と関係が良好になっていきます。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました