実家の両親に頼らなくなると頭を使って考えるようになる

こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を応援するメンタルトレーナーのトムやんです。

今回は実家の両親に頼らなくなると頭を使って考えるようになるというテーマでお話しします。

スポンサーリンク

実家の両親から離れる

実家の両親と一緒に暮らしている限り自分で物事について考えようとしません。

実家の両親と暮らしていれば確かに水道光熱費などの固定費は両親が負担してくれます。

しかし、お金に関して無頓着になって、お金について考えようとしません。

また、1人暮らしをしていても頻繁に両親がやってきて家事をしてもらっても思考停止になります。

両親がこちらの生活に関与してくるのであれば1人暮らしをする意味がありません。

ですので、遠くの場所に引っ越すなど物理的にも両親から離れる必要があります。

まずは両親からは離れて暮らさなくては自分で考えようとしません。

実家の両親に依存すると思考停止になる

なぜなら、実家の両親に依存すると家事などをしてもらって当たり前という傲慢な態度になるからです。

傲慢な態度から思考停止に陥っては精神的に成長しません。

精神的に成長できなければ感謝の気持ちが無くなって嫌われていく人生になります。

精神的に成長していくには両親から物理的にも精神的にも離れなくてはなりません。

両親から離れて暮らすことでどうすれば暮らしていけるのかを自分で考えるようになります。

自分で考えて試行錯誤を繰り返していくうちに精神的に成長していきます。

コンフォートゾーンから出る

私も約30年という長期間の間、両親と実家暮らしをしていました。

今では実家暮らしをやめて自分で生計を立てております。

1人暮らしを始めた当初は母親が数100km離れた実家から押しかけて勝手に家の掃除をしていたこともありました。

両親が私の生活に関与するのが嫌だと思った私は業者に掃除を依頼しました。

「掃除は業者にやってもらうから来ないでくれ」など様々な理由を両親に伝えて両親がやってこれない環境を自ら作ったのです。

1人暮らしをすることでどうすれば嫌いな両親が来れないようにするのか考えるようになりました。

自分で考えていけるようになるためにもまずは両親がいる実家という居心地のいいコンフォートゾーンから離れていきましょう。

まとめ

両親に依存している限り人間としても駄目になっていきます。

なぜなら、物理的にも精神的にも両親から離れて自立しなければ感謝の気持ちがなくなるからです。

ですので、実家という居心地がいいコンフォートゾーンから出ましょう。

コンフォートゾーンから出ることで自分で暮らしのやり方などを考えるようになります。

本気で夢を叶えたいと思っている方は下の一歩を踏み出す手助けのメルマガに登録してください。

そして、私の考えに共感できましたら体験セッションに申し込んでください。

体験セッションで会えることを楽しみにしています。

あなたの将来の夢を私に聞かせてください。

登録を心からお待ちしています。

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

タイトルとURLをコピーしました