手段と目的を混同させてしまうと夢は叶わない


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は手段と目的を
混同させてしまうと夢は叶わない
というテーマでお話しします。

なぜその手段を選んだのか振り返る


当初ははっきりとした目的を
持っていたにも関わらず、


いつの間にか目的がわからなく
なってしまった経験はありますか?


当初は目的を達成するために
選んだはずの手段がいつの間にか
手段が目的になってしまうことです。


手段と目的が入れ替わってしまった原因は
手段にばかり気を取られすぎてしまい、
目的そのものを忘れていることです。


例えば、サッカーでレギュラーの
地位を取りたいと思っていましたが、


足が速くないためレギュラーに
なれないと思い込んでしまい、


足を速くするトレーニングを
始めた方がいるとします。


最初の頃はサッカーで
レギュラーの地位を取りたいと思いながら
走り込みなどのトレーニングをしていました。


しかし、次第に走り込みや
長距離のマラソンばかりを
するようになっていき、


ボールを使った技術練習や
メンタルトレーニングなどを
しなくなってしまい、


結果的にレギュラーの地位を
取れることなく終わってしまいました。


このように自分に足りない部分にばかり
目が行きすぎてしまい、


本来の目的を失ってしまうことは
少なくありません。


目的を失ってしまっては自分の望んだ
願望は叶えられずに終わってしまい、
自己否定感が強くなってしまいます。


そして、自分から挑戦していこうとする
意欲がなくなっていきます。


この場合の原因は走り込みや
長距離のマラソンなど走ることばかりに
意識が向いてしまい、


他の技術練習などには目もくれていない
状態に陥っていることが分かります。


客観的な視点で見れば
そんなことはわかると思われますが、


ご自身のことになると意外にも
気づいていない方が多いのです。


早く気づくためにもサッカーで
レギュラーの地位を取れない事例を


文字にしたようにうまくいっていない部分を
見つけるためにも紙書いてみましょう。

うまくいかない時は手段を変える


どんなに頑張っても
うまくいかないことが残念ながらあります。


ご自身では一生懸命頑張って
全力を尽くしたつもりでも、


客観的な視点から見ると意外にも
抜けている部分が見えているのです。


一生懸命ひとつの手段にばかり
こだわっていてはうまくいかないことが
ほとんどです。


ですので、うまくいかないなと
感じている方は今の状況を
紙に書いて言語化してみましょう。


言語化することによって
今のあなたが何に対して悩んでいるのか、
何が不足しているのかが見えてきます。


第3者に相談してみてもいいですが、
ご自身の現状を言語化できていなければ


何に対して悩んでいるのかが
見えていないため、


相談された側をどう回答とすれば
いいのか困ってしまいます。


言語化できるようになると
うまくいっていない原因がひとつの手段に
ばかり目が向いてることに気がつきます。


もしかしたら、あなたがこだわっている
手段はあなたにとって大きな
コンプレックスなのかもしれません。


コンプレックスの場合、
余計に意識してしまうため言語化して
客観的な視点が必要になってきます。


うまくいかないときの
手段の変え方の一例として


先ほどのサッカーでレギュラーの地位
を得たいという目的を実現するために
走ることだけではなく、


ボールを使った技術練習、
メンタルトレーニングなど
様々な練習方法があります。


走るという体力面だけではなく、
技術面、メンタル面から手段を
探していくのです。


目的を見失わなければ目的に段々と
近づいていける実感を持てるようになり、
自己肯定感が上がっていきます。

目的をもう一度見直す


うまくいかないなと思ったら
原点に振り返ってなぜその目的を
達成したいのかを考えてみることです。


もう一度目的を見直すだけでも
おかしな方向に進まなくてよかったと
思えるようになります。


よく自己投資だからといって
ガンガンお金を使っている方は目的を
見直すだけで無駄な出費がなくなります。


目的をもう一度見直すことは手段にばかり
目がいっている際におすすめのやり方です。


特になかなかうまくいかずに
悩んでいる時は目的をもう一度振り返ると
目的に合った手段を選ぶようになります。


手段と目的が同じ方向に向いていなければ
目的が実現することはありません。


目的と手段を合致させるためには
1人で紙に書き出して見直すこともできます。


なぜその手段を選んだのかを紙に書いて
その手段から得られる
メリットを見直すのです。


メリットが大きくない、
リスクが大き過ぎる場合は
その手段をやめるのです。


手段にばかり気を取られていては
現状は変わりません。


なぜその手段を選んだのか、
他の手段で目的を実現することは
できないのかを考えて探していくことです。


目的が達成できれば手段は人間として
おかしな手段以外なら
どんな手段でもいいのです。


うまくいかない時は目的を
振り返ってみましょう。

まとめ


知らない間に手段と目的が混同して
しまっていることは少なくありません。


かつて私でさえも知らない間に手段と目的が
混同していてパニックになっていました。


ですが、今の私は手段と目的が
混同しそうなときは何でこんなことを
しているのかな?と


自分に問いかけるようにしています。


自分に目的を問いかけることによって
本来の目的を思い出し、


この手段で無くても夢が叶えば
いいのではないかと思い、
他の手段を探すようにしています。


他の手段を知ることによって
それまで自分が執着していた手段に
固執するのを辞めて平常心に戻ります。


しかし、あなた1人ではなかなか手段と目的が
混同していることに気づくのは
難しいのがほとんどです。


1人では気づきにくいことも他の視点、
つまり、客観的な視点を得ることによって
手段と目的を分けることができます。


紙に書いて言語化するのも有効な手段ですし、
第3者に相談するのも有効な手段です。


もし、1人で悩んでいるようでしたら
一度私にご相談ください。
一緒に解決策を考えていきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

夢を叶えるために必要なメルマガ登録はこちら