怒るということは相手を支配したい証拠


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は怒るということは相手を支配したい証拠
というテーマでお話しします。

すぐに怒る人は自分に自信がない証拠


あなたの周りには怒りっぽい人はいますか?
怒りっぽい人はすぐに怒ってばかりで
怖くて迷惑な存在に思えますね。


しかし、怒ってばかりでいる人というのは
自信があるから怒っているのではなく、
自信がないから怒っているのです。


なぜ怒るかというと自分が本当はやりたいのに
あなたがやっているのが
羨ましくて怒っているのです。


つまり、あなたに対して
嫉妬しているということです。


あなたに対する意識があるから怒るのであって
あなたに対する意識がなければ怒りません。


もし、あなたに対して無関心であれば
あなたに対して怒ることもありませんし、
怒られることもありません。


あなたが注目されているから
怒られているのですが、


注目されることはあなたが
悪いのではありません。


ただ相手が勝手に注目しているだけですので
こちらからすれば単なる迷惑行為なのです。


もちろん、賞賛などのいい意味で
注目されるのは素直に喜べることです。


あなたを思い通りに支配できないことに対して
相手が勝手にイライラして怒っているので
あなたには何の罪もありません。


ですので、怒られたことに対して
罪悪感を抱く必要もありません。


怒ってばかりいる相手は勝手に
イライラして勝手に疲れていく
自虐的な行為をしているだけです。


しかも、怒ってばかりいる人は
意外にも馬鹿にされやすいのです。


あなたが学生の頃怒ってばかりいる先生を
いじめていた方々はいましたか?


先生が怒ったときの反応を見て
生徒が楽しんでいることに
気づいていないのです。


馬鹿にされないためには
簡単に怒らないことです。

怒ると勝手に疲れていく


怒ってばかりいるとエネルギーを大きく
使ってしまうため勝手に疲れていきます。


そのため、怒ってばかりいると
しわが増えるとも言われているのです。


また、怒ってストレスを発散しているようで
実はストレスを発散できていないのです。


怒ることそのものが嫉妬や憎しみなどの
負の感情から発生しているものであるため、
ストレスが発散できていないのは当然です。


負の感情の行き先は自分に返ってくるため
勝手にストレスを溜めて勝手に
疲れていく自虐的な行動です。


怒るとプラスのメリットが何ひとつないので
怒らない生き方が推奨されているのです。


セミナーでも人前で怒る講師もいますが、
講師が受講生を思い通りにしたい
願望があるから怒るのであって、


しかもその他大勢の受講生の前で
恥をかかせて怒られる対象の受講生の
プライドを傷つけているのです。


人前で怒る講師は支配欲求が強いため
他の方からも反感を買って、
誹謗中傷される対象になっていくのです。


しかも、講師自身も自分の行動や
意識からアンチを作り出していることに
気づいていないのです。


怒ってばかりいる人は知らず知らずの間に
敵を自ら作り出していることに
気づいていないのです。


怒られた側は怒った人に対して
憎しみを持つためすぐ怒る人は自分から
負の地獄を作り出しています。


怒ることをやめるには他人に
期待しないことがベストです。


なぜなら、他人はこちらの
思い通りに動かないからです。

すぐ怒る人と関わってもろくな事は無い


すぐ怒ってしまう人と関わっても
ろくな事がありません。


なぜなら、すぐ怒るということは
自分のルールがやたら厳しいからです。


自分のルールに従わないものを
自分に従わせようとするから
イライラして勝手に怒るのです。


例えばすぐ怒る人と一緒にデートしても
レストランの店員の態度にイライラしたり、


他の客の行動にイライラしたりするので
一緒にいる方も嫌な思いをします。


しかも、怒鳴り声を上げてしまえば
たとえあなたに非が無くても
一緒にいて恥ずかしくなってしまいます。


すぐ怒る人は仕事であれデートであれ、
どんな場面でも嫌われ者に
自分からなっていきます。


ですので、すぐ怒る人とは距離を
取っていく方が無難なのです。


プライベートであればこちらから
シャッターを閉めて連絡できないように
すればそれで終わりです。


これがサラリーマンですとタチが悪いので
すぐ怒る人とは必要以上に関わってこない
ように周囲から協力をもらいましょう。


すぐ怒る人はどんな場面でも
嫌われていくのが想像できたと思います。


怒ってばかりいる人は束縛してくるので
交際相手としても最悪な相手です。


怒ってばかりいるだけで人生を
自分から損していく自虐的な人なのです。


そんな自虐的な人と一緒にいては
こちらの身も破滅してしまいます。


怒ってばかりいる人とは極力
関わらないようにしていきましょう。

まとめ


すぐ怒る人は自ら人生を損していることに
気づいていないのです。


すぐ怒ること自体がみっともない行為であり、
自分から悪役になっている行為なのです。


しかも、すぐに怒る人は馬鹿に
されたくないから怒っているのですが、
実は最も馬鹿にされやすいのです。


すぐに怒るからこそ怒ったときの
反応を見て楽しむ方々いるのです。


そのような方々に振り回されてストレスを
溜めて身体を自分から壊していくのです。


簡単に怒ってしまうようでは
ろくな人生を歩んでいけません。


怒らないようになるには自分に
厳しいルールを課さないこと、


そして、他人に自分のルールを
押しつけないことです。


他人に自分のルールを押しつけるから
イライラするのです。


そして、他人はこちらの思い通りに
動かないことを前提に物事を考えましょう。


他人を支配したいということは
自然現象自分の思い通りに操りたいという
支配欲と同じものなのです。


自分の行動や意識しか自分で
コントロールできないことを知れば
すぐに怒らなくなります。


他人を変えることよりも自分を
変える方が数段楽なことですので
自分の行動や意識を変えていきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
夢を叶えるために必要なメルマガ登録という


下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

夢を叶えるために必要なメルマガ登録はこちら