夢がない人が夢を持つには自分に正直になることから始める理由


こんにちは。
諦めたくない夢を追いかける人を
応援するメンタルトレーナーのトムやんです。


今回は夢がない人夢を持つには自分に正直になることから始める理由
というテーマでお話しします。

スポンサーリンク

自分の気持ちに正直ではない


夢を持たずに無気力で生きている方は
自分の気持ちを無視して生きています。


自分の気持ちを無視して
他人の評価に当てはめようとするため


自分で自分を苦しめる結果に
なってしまいます。


自分の気持ちを無視していれば
自己不一致を起こしてしまい、


鬱病などの心の病気を引き起こす
原因にもなります。


自分の気持ちに正直になれない原因は
自分の気持ちを出す前に


他人の評価や世間の評価に
合わせて自分の気持ちを
出していることなのです。


過去に自分の気持ちを
出してしまうことで


他人から好かれなくなってしまった、
馬鹿にされたなどの嫌な経験から


自分の気持ちに正直でいられない
ようにしてしまっています。


そんな経験から自分の気持ちに
正直でいられなくなる経験を
幼少期の頃に味わってしまえば


自分の気持ちに正直でいることが悪であると
思うようになるのは当然です。


なぜなら、幼少期の経験は
その後の人生にも
影響を与えてしまうからです。


しかし、幼少期に自分の気持ちに
正直でいられなくなっても


今から正直になれる
生き方をすることができます。


これから新しく自分の経験に
自分の気持ちに正直になってよかったことを
刻んでいけばいいのです。


また、新しい経験をするためにも、
悪い経験をさせた人から
離れていく必要があります。


悪い経験を与える人は
ドリームキラーですので、
あなたに害を与える存在です。


ですので、そのような
ドリームキラーとは


こちらからは関わらなくて
いい環境を作ることです。


もし、ドリームキラーと
どうしても関わらなくては


いけない場面になってしまったら、
最小限の関わりだけで
済ませてしまい、


深い関係にならないよう
こちらから距離を取っていきましょう。


完全に離れることができるのが理想ですが、
現実ではある程度は関わっていく必要があります。
ほどよい距離を見つけていきましょう。

スポンサーリンク

他人の評価を気にしすぎ


夢がない人は他人からの評価を
過剰に気にしすぎています。


今まで他人の評価を優先して生きてきたため
自分の気持ちを封印してしまっています。


だからといって、
全く他人からの評価を気にすることなく


自分勝手な振る舞いでは
生きていてはいけないのが社会です。


社会の評価を全く気にせずに
生きている方は秩序を乱してばかりいるため
誰にも相手にされません。


ほどほどに他人や社会の評価を
気にしていくことが、
生きていくには必要なことです。


しかし、他人や社会の評価を過剰に気にしすぎていては
自分の力を発揮しにくく無理矢理、
自分の力を押し殺してしまいます。


つまり、他人や社会の評価に自分自身を
依存させているということです。


自分の気持ちを自立させていかない限り
自分から夢を持てるようにはなりません。


自分の気持ちを無視することなく
正直になれるように取り組んでいけるようになれば
夢を持てるようになります。


他人や社会の評価よりも
自分の気持ちを大事にできるよう、


自分の気持ちに正直になって
いくことから始めていきましょう。


今まで自分の気持ちを
押し殺していたため


本当の自分の気持ちには
気づきにくくなっています。


自分の気持ちに気づいていくには
自分で想像した反対意見が


自分の内側から出てきても
無視して言葉にすることです。


「そんなの無理だ。」
「できっこない。」などの


心の声が出てきても
いや、できると反発していくと
できる方法を探そうとします。


もし、何かに手をつける前から
自分からできないと思ってしまっては
本当にできない現実がやってきます。

スポンサーリンク

まずは自分の気持ちを大事にしていく


自分の気持ちを大事にしていくためには
他人の評価と自分の評価を
同じにしないことです。


他人の評価は他人が決めるので
こちらには何の関係もありません。


あなたのことを否定する方もいれば
あなたのことを肯定してくれる方もいるので
自分の気持ちを正直に出していくことです。


どうやってもこちらとは
価値観が合わない方に合わせようとしても
うまくいくはずがありません。


こちらと価値観が合わない方とは
距離を置くしかありません。
こちらと分かり合えることは極めて難しいでしょう。


そんな難しいことをするなら
こちらと価値観が合う方と
一緒にいる方が楽しいに決まっています。


自分の気持ちを大事にできるようになれば
無理をしてこの世界中すべての人に好かれようと
努力することはありません。


こちらの価値観を受け取れる方とだけ
一緒にいて楽しく過ごそうと思うようになります。


自分の気持ちを大事にするためにも
自分に対して正直でいること、
自分の失敗を許せるようになることです。


誰だってパーフェクトにすべてのことが
できるのではありません。
誰でも長所も短所も両方を持っています。


長所しかない人や短所しかない人は
この世界には存在しません。


自分の長所も短所も認められるようになれば
夢を持てるようになっていきます。


善と悪だけで物事を判断してしまっては
自分で自分を苦しめることになってしまいます。


もちろん、世の中のルールの善と悪は
きっちり守っていくことです。


最低限のルールさえ守ることができれば
生きていくことに難しさを今よりも感じなくなります。


人間としてのルールはありますが、
そのルールを破らなければ大丈夫です。
人間としてのルールを守れなければおしまいです。

スポンサーリンク

まとめ


夢がない人の特徴は本当の自分の気持ちを
自らの手で押し殺してしまっています。


自分の気持ちよりも他人からの評価や視線、
他人の気持ちを優先して生きています。


自分よりも他人を優先する理由は
他人から気に入られなければ
自分には価値がないと思い込んでいるからです。


私もかつては他人の評価ばかり
気にして生きてきたため
自分の気持ちを出すことを恐れていました。


たとえ自分の気持ちを出したとしても
両親から否定されてしまったため、
自分の気持ちを出してはいけないと思っていました。


自分の気持ちを出そうとすれば
争いごとをするかのような
嫌な感覚になるため


かつての私は自分の気持ちを
出すことを拒んでいました。


今まで自分の気持ちを出してしまうことで
他人を傷つけてしまったり、


他人から非難されてしまった過去によって
自分の気持ちを出せなくなっていました。


このような自分の気持ちを否定された
過去から自分の気持ちに正直になることを
自分で禁止にしているのです。


しかし、今からでも自分の気持ちに
正直になることができます。


自分の気持ちに正直になるには
自分の感じたことを否定することなく
そのまま認めていくことです。


自分の感じたことを自分が経験して作った
他人からの評価という
入れ物に入れてはいけません。


なぜなら、他人からの評価という
入れ物にいれてしまえば


自分の気持ちに対して
善か悪かという評価を
下してしまうからです。


自分の気持ちを善悪で判断することなく
自分の気持ちや溢れてくる感情を
ありのまま受け止めることです。


自分の気持ちや溢れてくる感情を
ありのまま受け止められるようになれれば
夢を持てるようになります。


夢を持っていないことを
否定する必要はありませんので
今からでも夢を持っていけるようになりましょう。


焦って夢を見つけようとする
必要はありませんので
ご自身のペースでやっていきましょう。


本気で夢を叶えたいと思っている方は
下のメルマガに登録して体験セッションで
会えることを楽しみにしています。


あなたの将来の夢を私に聞かせてください。
登録を心からお待ちしています。


今回も最後まで読んでいただき
誠にありがとうございました。

良い記事だったので投げ銭する

一歩を踏み出す手助けのメルマガ登録案内

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました